Matsui Review

デモアカウントを開く
トレーダー評価
11 分で読めます/更新日: 2020年07月08日

松井証券は、1918年に松井商店として創業した日本の老舗証券会社です。100年を超える歴史と評判で、多くの投資家に支持されています。

1998年よりオンライン証券会社として拡大し、定年退職者などのインターネットに不慣れな人にも使いやすい証券会社であることを掲げています。

手数料の優遇などにより、投資初心者、小口投資、株主優待株目的、デイトレーダーなどに圧倒的な人気があります。

長所
  • 1日10万円以下の取引、その日のうちに売買する信用取引、NISA口座での取引、投資信託の購入などの手数料無料で、初心者やデイトレーダーに優しい
  • 松井証券という創業100年の老舗ブランドの知名度と安心感
  • マーケット情報などが豊富
  • 特にスマホアプリが使いやすいと評判
  • 問い合わせへの対応に定評
短所
  • FXのスプレッドが大きめ
  • 海外株式の取引が限られている
  • IPOの割り当てが少ない
  • 土日のメンテナンス時に取引ができない

松井証券での取引対象商品

デモアカウントを開く

松井証券のFXの評判

¥10.000 最低入金額
Mid アプリのサポート
1:20 最高レバレッジ

松井証券が提供するNetFXの通貨ペアは13です。これは競合他社と比べると少なめです。

松井証券のFX取引の手数料は無料で、レバレッジは最大25倍です。スプレッドは、1〜2銭(米ドル円)からとなっています。これは、他の多くのFX取引会社と比較して、残念ながら広い水準にあります。

デモアカウントを開く

松井証券のCFDの評判

¥10.000 最低入金額
Mid アプリのサポート
1:20 最高レバレッジ

松井証券は、多種多様なCFD商品を提供しています。CFDとは、証拠金を預けるなど売買価格差のみを取引する「差金決済取引」のことで、松井証券では、ETFやREITの信用取引、日経225先物などの主要な7つの指数の先物取引、日経225オプション取引といったCFD商品が取引できます。

株式口座を開く

松井証券の株式の評判

¥10.000 最低入金額
良い アプリのサポート

松井証券の評判は、株式取引に関して特に際立っています。1日10万円以下の取引が手数料無料であることは、特に松井証券の大きな魅力です。例えば優待目的で株式を購入する場合、銘柄によっては優待がもらえる最低限の株数を10万円以下で買うことができます。

(2019年12月20日夜間取引より、株式取引で「1日50万円」以下の株式取引まで手数料が無料になる予定です。詳しくは公式サイトをご確認ください)

1日の取引金額に応じて手数料が決まっており(ボックスレート)、わかりやすいのですが、1日に10万円以上株式取引する場合は手数料の面で他社と比べ割高となります。株式の現物取引の手数料形態は、こちらに詳しく説明してあります。

また、「1日信用取引」ではその日のうちに決済する取引については手数料無料なので、アクティブなトレーダーに人気です。1日信用取引について詳しくは、こちらに書かれています。

ETF口座を開く

松井証券のETFの評判

¥10.000 最低入金額

松井証券では、ETFも1日10万円以下の手数料無料の対象になっています。ETFは最低数千円から購入することができるので、これも少額取引で手数料無料にすることが可能です。

TOPIXや日経のインデックスから、REIT、社債、金など日本国内外の幅広い商品のETFがあります。ETFの信用取引もでき、レバレッジをきかせることもできます。

先物口座を開く

松井証券の先物取引の評判

良い アプリのサポート

松井証券の先物取引は、何よりも業界最安値の手数料が魅力です。特に「1日先物取引」は日経225先物を150円、日経225miniを25円の手数料で取引することができます。松井証券の先物取引の手数料体系は1日先物取引とは異なります。詳しい情報は、こちらです。

先物取引についての詳しい取引情報は、こちらに記載されています。

ロボアドバイザー口座を開く

松井証券のロボアドバイザーの評判

円10.000 最低入金額
499 アプリのサポート

松井証券が提供するロボアドバイザー「投信工房」は、利用料無料で、とても簡単に利用することができる評判のサービスです。年齢など8つの質問に答えるだけで、ユーザーのリスク許容度を判定し、ポートフォリオの見直し(リバランス)を提案してくれます。完全にロボットにお任せするのではなく、実際の決断はユーザーが行います。

2019年12月には、松井証券は取り扱い投信の全銘柄を手数料無料にすると発表しました。運用手数料も年率0.35%で、他のロボアドバイザーと比べても断然費用を低く抑えられます。

取り扱い投資信託の銘柄数は、他社の1000〜2000本前後と比べると、松井証券は499本と確かに極端に少ないのですが、何千本あっても人気の投資信託や自分が投資したい銘柄はごく一部です。

投資信託の最低購入額は月100円で、毎日積み立てもできます。

また、NISA口座で投資すると、購入手数料はもちろん無料な上、年間120万円までの投資額から出た利益に対しては税金がかかりません。

主な基準を確認したトレーダーの感想(レビュー)

松井証券の手数料

松井証券は、いくつもの取引で手数料を無料もしくは低く抑えることに徹しています。

手数料がかかるのは、株式取引なら現物・信用の1日の取引の合計が10万円を超える時で、FXではスプレッドが広めです。先物・オプション取引では手数料はかかるものの、業界最安値水準です。

松井証券の口座の種類

松井証券では、まずネットストック口座を開設し、必要に応じて以下の口座を追加します。

NISA口座:年間120万円までの投資額からの収益が非課税になる口座です。

特定口座:確定申告なしで源泉徴収で税金が支払われる、あるいは確定申告がしやすくなる口座です。

信用取引口座:信用取引を行うのに必要です。

先物・オプション口座:先物取引やオプション取引を行うのに必要です。

NetFX口座:NetFXを利用するのに必要です。

未成年口座:未成年者が取引する場合に必要です。

松井証券のプラットフォーム

初心者向けで使いやすいと評判の松井証券のネットストック・スマートでは、企業の詳細情報などを見ながらスムーズに注文が出せます。

matsui platform

ネットストック・ハイスピードはアクティブなトレーダー向けで、多様な注文方法も選べます。

株式に強い松井証券だけに、株価ボードの使いやすさにも定評があります。

スマホアプリでは、株式、先物、オプションの取引やネットストック口座への入金もできる株touchや、投信用の投信アプリを展開しており、使いやすいと評判です。

松井証券の使いやすさ

松井証券の公式ウェブサイトは簡潔でシンプルにまとまっており、深緑色のテーマカラーが落ち着いた色合いです。

メインメニューには、マウスを合わせるだけでドロップダウンボックスが表示され、探したい情報が見つけやすいようになっています。

松井証券のサポート

松井証券のサポート

松井証券は、ライブチャット、電話番号、メールアドレス、よくある質問ページを提供します。フリーダイヤルのマネープランサポート、操作方法を説明するリモートサポートもあります。

松井証券の入金方法

松井証券は、入金方法を4種類設けています。

ネットリンク入金

17の提携金融機関から手数料無料で入金でき、リアルタイムで反映されます。金融機関のネットバンキングへの登録が必要です。

らくらく振替入金

ネットリンク入金と同様に手数料無料、リアルタイム反映の、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の4行限定サービスです。金額は1万円以上1億円未満です。

定期入金

毎月27日に銀行口座から引き落とし、5営業日後にネットストック口座へ入金されます。手数料無料、金額は1万円以上1億円未満で、100行以上の金融機関で利用できます。

銀行振込入金

ATMや銀行窓口、ネットバンキングから行い、金融機関所定の振込手数料がかかります。

松井証券のサービス

松井証券は、デモ口座の提供はありませんが、無料で利用できるサービスが充実しています。投資初心者のための投資の基本知識、ロボアドバイザー「投信工房」などを提供します。

松井証券の規制と顧客資産保護

松井証券は、日本の金融商品販売法に則り運営しています。お客様の資金を分別管理しているため、万が一松井証券が破綻しても資産が守られます。また、投資者保護基金に加入しており、これは松井証券が資産を返還できない場合に、お客様一人当たり1,000万円までの資産の返還を保証する仕組みです。

松井証券の受賞歴

松井証券は、日本のHDI-Japan(ヘルプデスク協会)が主催する問合せ窓口格付けで、9年連続証券業界の三つ星という賞を受賞しています。これは、松井証券のコールセンター、ウェブポータルの両方で、高い満足度を維持し続けてきたことを示しています。

matsui awards

このプロバイダでCFDトレードを行うリテール投資家アカウントの71%が損失を出します。CFDの仕組みを理解し、損失を出すリスクを負う余裕があるかどうかを十分考慮してください。