DMM FX の最低入金額

トレード開始
10 分で読めます/更新日: 04 February 2020

DMM FXは5年連続国内最多口座数を誇る、大手FX証券会社会社です。沢山のトレーダーから支持される理由には、操作のしやすさと、機能の充実の両面に優れている取引ツールが使用できるからです。FX初心者の方から上級者の方まで、安心して使える取引ツールです。

DMM FXの取引ツールですが、FXの売買する時だけでなく、口座の資金管理も全て同じ画面で数回クリックするだけで、入金できます。FX証券を選ぶ際には、DMM FXの注目するべきとても便利な点です。

新しいFX証券会社をお探しの方は、FXを取引するには必要な最低入金額や、DMM FXの口座に入金する方法など、細かく先に知りたい方も多いと思います。特に初めてFXを取引する方のために、一つずつ細かく、初心者の方でもわかりやすいようにここではご説明させていただきます。

DMM FX最低入金額とは?

DMM FXでは最低入金額の制限はありませんが、最低取引数量が1 LOTですので、それに比例した必要証拠金が最低入金額となります。

例えば、USD/JPYが1ドル100円の市場相場で売買されている場合、最低取引数量の1 LOT取引するには、40,000円の必要証拠金が必要となります。つまり、最低入金額は市場相場に影響されてくるということです。

具体的には、必要証拠金の計算は次の通りになります。

現在レート X LOT数 X 10,0000(通貨)÷ 25(レバレッジ)= 必要証拠金

尚、実際に取引ツールを使ってトレードを始めますと、取引ツール上では証拠金維持率が表示されます。なので必要証拠金を自分で計算する必要はありません。又、先程ご説明した通り、市場相場は毎秒上下しますので、同時に証拠金維持率も上下してきます。その中で、証拠金維持率が100%を下回らないようにFX取引する必要があります。更に詳しく知りたいという方は、下記の「DMM FX口座に最低入金額を入金してもFX取引はできるのか?」を参照してください。

DMM FX口座に入金する方法

DMM FXで入金する場合は二つの方法があります。

DMMFX_deposit

一つ目は「クリック入金」です。

クリック入金は、オンライン上でインターネットバンキングを利用して入金ができます。これを利用するには、クイック入金に対応している金融機関の口座をお持ちで、更にその金融機関のインターネットバンキングをお持ちの方が利用できるサービスです。

クリック入金を利用すると、365日24時間リアルタイムで入金ができて、直ぐに入金した資金がDMM FXの口座に反映されるため、とても便利なサービスとなっています。また、クイック入金の手数料は無料です。

二つ目は「振込入金」です。

振込入金は通常の振込と同じで、実際に銀行窓口やATMを利用して、DMM FXの指定先口座に振り込みをする入金方法です。

この方法を利用する場合、お客様のDMM FX口座に振込んだ金額が反映されるのは、DMM FXが着金を確認次第なので、直ぐに反映されるクイック入金とは異なり、少々反映までに時間がかかります。

振込先口座情報は、DMM FXホームページの「総合口座ログイン画面」からログイン後、マイページの「総合口座照会」をクリックして、「お客様情報」でクリックすると参照することができます。

次の「DMM FX口座に入金する5つのステップ」では、「クイック入金」を利用した入金方法を、実際のDMM FXの取引ツールのスクリーンショットと一緒にご説明させていただきます。

DMM FX口座に入金する5つのステップ

「クイック入金」を利用したDMM FX入金方法をご説明させていただきます。

まずDMM FXにログインして、取引ツールを起動させてください。

  • 次に「入出金」をクリックして、「クリック入金」を選択してください。

DMMFX minimum deposit

  • 「金融機関名選択」をクリックして、表示される選択しの中から、ご利用する金融機関を選択します。
  • 「入金金額」の右側の空欄に、ご希望の入金金額を入力して、「確認」のボタンをクリックします。尚、最低入金額は5000円です。
  • 次に、内容確認画面で入力した情報に間違いがない事を確認して、「実行」をクリックします。
  • その後は選択した金融機関のホームページに自動転送されますので、画面の指示に従ってクイック入金を利用した入金手続きを完了させてください。

ご不明点や何か問題があった場合は、カスタマーサポートにフリーダイヤル(0120-961-522)に連絡してください。

万が一DMM FXが破綻した場合、口座に入金した資金はどうなるのか?

FX投資をするには、まず資金をFX証券会社の口座に入金しなければなりません。お金を預けても安心できる上に、信頼できるFX証券会社を探すことは、FX投資する場合とても重要なポイントです。DMM FXでは、例え万が一DMM.com証券が破綻した場合も、お客さんが口座に預けている資金、ポジションの評価損益や未実スワップポイントなどもしっかりと返還されるシステムが準備されています。

DMMFX how to make a deposit

通常の場合、FX投資をするトレーダーはDMM FXでお金を預けると、直接DMM.com証券に入金されることになります。ですが、この預けたお金をDMM FXは、SMBC信託銀行、日証金信託銀行株式会社、及びFXクリアリング信託株式会社に信託して、区分して管理しています。

つまり、DMM FXに預けた資産は信託保安されていて、万が一DMM.com証券が破綻しても、その資産は守られているので、必ずお客様に返ってくるということです。また、万が一信託銀行が破綻した場合も、信託法(金融商品取引業等に関する内閣府令第143条の規定)によりその資産は信託先銀行固有の財産から切り離されて、信託財産として返ってきます。尚、返還される金額は、毎営業日終了時にDMM FXが確認している資産の額となります。

返還されるまでの所要時間ですが、DMM.com証券が破綻した場合、資産の返還には多少時間がかかってしまうそうです。所要時間は、資金の額、その時保有していたポジションの数量などによって、所要時間が変わってきます。

DMM FX口座に最低入金額を入金してもFX取引はできるのか?

DMMFX deposit

DMM FXの口座に最低入金額で取引は実際に可能ですが、最低入金額で取引をする場合は、最大レバレッジの25倍で取引することになります。つまり、少しの値動きで、証拠金維持率が簡単に強制ロスカット水準の100%を切ってしまうのです。100%を切ってしまいますと、その時点で、追加保証金を翌営業日の4時59分前までに入金、もしくはポジション決済しなければ、保有していたポジションが強制的に決済されてしまいます。更に、その前に証拠金維持率が50%を切ると、強制的にその時点で保有しているポジションを強制的に解約されてしまいます。最低入金額での取引はですのでお勧めできません。

DMMFX_deposit_image

最低入金額に近い資金でFX取引をされる場合は、DMM FXの取引ツールに表示される、「証拠金維持率」が100%を下回らないように確認しながら取引をするか、追加で資金を入金する準備が必要になります。

DMMFX deposit account

尚、証拠金維持率が100%を切った時点で、DMM FXの取引システムから追証の連絡がきます。この状態の時、取引システムの「証拠金情報」の「追加証拠金」を確認すると、必要な最低追加証拠金額が表示されています。もしDMM FXの口座に追加入金しないのであれば、保有しているポジションをその時点で解約するか、又は取引システム上で自動的に解約されてしまいます。

DMMFX_deposit_fees

追加必要証明金の計算は、上の図を参考にしてください。

DMM FXを利用した入金のしやすさ

DMM FXが国内5年連続最多FX口座数の理由の一つは、高性能な上とても使いやすい取引ツールです。この取引ツールはFXの取引をする際に使用するだけではなく、その他にも、DMM FX口座の管理が一通りできます。FXを売買する時に使う同じ画面上で、数回のクリックするだけで、簡単にDMM FX口座に入金することができます。

その他にもスマートフォンのDMM FX取引アプリでも、PC同様の機能が使えます。また、入金の際に何かご不明な点がございましたら、業界初の人気アプリ「LINE」を使用して、簡単にカスタマーサポートにお問い合わせが可能です。

DMM FXの最低入金額のレビュー

DMM FXは業界最狭水準のスプレッドだけではなく、取引ツールの機能性の充実と操作のしやすさが、このDMM FXというFX証券会社を国内FX業界口座数ナンバー1である理由の一つです。

特に資金の入出金はとても簡単にできて、クリック入金を利用すると直ぐに口座に反映される機能があるため、もし必要証拠金を追加しないといけない場合にも安心してすぐに、取引画面から入金することができます。

預けた資産もしっかりと三つの信託銀行に区分して信託して管理されているので、万が一DMM.com証券が破綻してしまった場合も預けた資産は返ってくるので、心配の必要がありません。

新しいFX証券会社を探しの方は、是非DMM FXを利用することもお考えになってみてはいかがでしょうか。