松井証券デモ口座ガイド

トレード開始
10 分で読めます/更新日: 04 February 2020

松井証券は、1918年に松井商店として創業した、100年以上の歴史を持つ日本の証券会社です。

松井証券のサービスは株式取引(現物・先物)、ETF、FX、投資信託、信用取引など幅広く、特に少額の株式投資を中心とする投資家、信用取引のデイトレーダーの支持を集めています。

すべての取引には、当然ながらリスクが伴います。でも、投資初心者の場合は特に、いきなり大きな額で失敗するのは避けたいところです。

そこで、実際の投資を始める前によく使われるのがデモ口座です。

松井証券では、残念ながら現在デモ口座は提供されていませんが、口座を開設する前のサポートはきちんと準備されています。

例えば、公式サイトの「お取引の流れ」では、株式の現物と先物取引から、投資信託、NISA、信用取引、FXまで、取扱商品とサービスのそれぞれの取引の始め方が一つ一つ丁寧に解説されています。それだけでなく、口座開設専用の電話やオンラインチャットを用意しており、分からないことを聞くことができます。これは、初めて投資をする人、コンピューターに慣れていない人にとっても安心です。

松井証券のこうしたサポートのおかげで、デモ口座がなくても操作方法をあらかじめ理解してから口座を開設することができます。

次の章では、松井証券で投資を始める前のプラットフォームの利用方法について説明します。

松井証券は現在デモ口座を提供していない

松井証券ではデモ口座がない代わりに、「お取引の流れ」というページで取引の操作方法を一つずつ解説しています。公式サイトを参照することでイメージが掴めるので、安心して口座開設できます。

お取引の流れのページは、松井証券トップページの「商品・サービス」メニューから、興味のある商品を選んで取引の流れを確認できます。

松井証券デモ口座ガイド

松井証券のアカウントへのログイン方法

松井証券のアカウントへのログイン自体は、簡単なステップです。

当然ながらアカウントを持っていないとログインできないので、松井証券の口座を持っていない人は口座開設が必要です。口座開設の方法については、あとのセクションで説明します。

  1. 松井証券のトップページの上部右側の「ログイン」ボタンをクリックします。
  2. 保有している口座によって、「株式取引(現物・信用取引)、先物・オプション取引」「投資信託」「FX」のいずれかをクリックします。
  3. 「会員ID」「会員パスワード」を入力し、下のログインボタンをクリックします。(ネットストックの場合は、簡単注文機能を使用するかしないかを選択します)
  4. ログイン完了です。

デモ口座なしで松井証券での取引の流れを確認する方法

松井証券はデモ口座なしでも、口座を開設する前に取引の流れを確認できます。

1) まず、こちらから松井証券のホームページへ移動します。画面上部のメニューバーから、「商品・サービス」にカーソルをあて、その下に出てくるメニューの「お取引の流れ」をクリックします。 (当記事の「松井証券は現在デモ口座を提供していない」のセクションの写真参照)

松井証券では多様な商品を扱っているため、ここでは株式の現物取引の取引の流れをもとに紹介し、続いて株式の信用取引の取引の流れを紹介します。他の商品の取引についても、松井証券のホームページから簡単に操作方法を確認できます。

他の商品の取引の流れを確認するには、「商品・サービス」メニューの下に出ているメニューの左側「取扱商品」の中から、興味のある商品を選びます。

2) 「お取引の流れ(STEP1)|入金する」のページに移動します。4つの入金方法の中から好きな方法を選べます。

松井証券デモ口座ガイド

ちなみに松井証券の公式サイトでは、カリスマトレーダー・テスタ氏のインタビュー記事がこちらで紹介されています。トレーダーの投資法を参考に、実際に取引する商品や手法を考えることもできます。他に、株之助氏のインタビューもこちらに掲載されています。

松井証券デモ口座ガイド

松井証券の取扱商品種類については、トップページのメニューバーの「商品・サービス」をクリックして確認できます。主要な株式取引や投資信託だけでなく、様々な商品を取り扱っていることがわかります。

松井証券は現在デモ口座を提供していない

3) 株式取引の取引の流れに戻ります。「2株を買う」ボタンをクリックすると、実際に株を買うときの取引手順を確認できます。銘柄を指定してから条件を指定します。注文の条件は、

  • 注文方法(通常、逆指値、追跡指値)
  • 口座区分(特定、一般、NISA)
  • 市場(東証、PTSJ
  • 株数
  • 値段(指値の場合)または成行注文を選択
  • 執行条件(最良、なし、寄付、引け、指成、IOC
  • 有効期間(当日、週末まで)
  • 返済注文の予約(なし、益出し、損切り、益出しと損切り)

となります。

松井証券は現在デモ口座を提供していない

4) 「3株を売る」をクリックして、株を売るときの手順を確認します。売りたい保有銘柄を選択したら、同様に売り注文の条件を指定します。

  • 注文方法(通常、逆指値、追跡指値)
  • 市場(東証、PTSJ
  • 株数
  • 値段(指値の場合)または成行注文を選択
  • 執行条件(最良、なし、寄付、引け、指成、IOC
  • 有効期間(当日、週末まで)

5) 「4出金する」で出金の手順を確認します。即時出金の場合は税抜き300円の手続料がかかるため、無料で出金するには翌営業日以降の出金日を選択します。

現物取引ではなく、松井証券で人気の1日信用取引を始めたい人も多いと思います。信用取引を始める場合の取引の流れは少し異なるため、ここで確認します。

1) 「1取引可能金額を調べる」に従って、会員画面にログインしたあと、「株式取引」の「余力情報」を選択します。ここで、それぞれの余力情報、および信用取引であといくら取引できるかを示した「信用新規建余力」を確認できます。

2) 次のページ「2新規注文する」で、信用取引の用語を確認したら、新規注文の仕方に移ります。現物取引と同様、銘柄を検索します。

3) 取引条件を入力します。取引区分(新規買(半年、無期)、新規売)を選択し、そのほかは現物取引とほぼ同様に条件を指定します。

4) 次のページ「3返済注文する」で、返済注文についての用語を確認します。返済したい建玉を選択します。

5) 建区分、建株数、建単価、建日と期日、評価損益をここで確認し、返済数を指定します。そのほかも現物取引と同様に指定します。

松井証券の口座を解約する方法

松井証券の口座を解約するには、松井証券顧客サポートへ連絡します。電話もしくは会員画面から問い合わせることができます。

連絡先はこちらをご参照ください。

口座の解約方法については、当ウェブサイトでも別の記事で詳しく説明しています。

松井証券の口座のメリットとデメリット

松井証券全般の口座(プラットフォーム)のメリットとしてあげられるのは、以下の通りです。

  • スマホアプリ「株touch」などが使いやすいと定評がある
  • 逆指値注文、追跡指値注文など注文方法が多様
  • ツール内の情報量の豊富さ

松井証券といえば、株式取引手数料の10万円以下無料、NISA口座の手数料無料などの優遇が大きなメリットとして挙げられますが、ここでは松井証券の口座およびプラットフォームのメリットを挙げています。

アプリやプラットフォームは、初心者でも使いやすく整備されています。その一方で上級者も注文方法の多様さ、ツール内の情報量の豊富さに満足できるでしょう。

対して、松井証券の口座のデメリットは、以下の通りです。

  • 土日のメンテナンス時に注文が出せない
  • デモ口座がない

土日のメンテナンスがあるのは仕方がないのですが、メンテナンス時間が長いという声も聞かれます。

また、デモ口座があれば使い勝手が実際に体験できるので、やはりデモ口座がないことはデメリットだといえます。

松井証券の口座を開設する方法

最後に、松井証券で口座を開設する方法をご紹介します。

  1. 松井証券のトップページの上部真ん中のオレンジ色のボタン「口座開設」をクリックします。
  2. 「個人のお客様」の「個人口座開設(無料)」をクリックします。未成年の場合、法人口座を開設する場合は下の「未成年のお客様」「法人のお客様」をそれぞれ選択します。
  3. 「オンライン上で申し込む」か「申込書を取り寄せる」かを選択します。
  4. いずれも指示に従って必要な情報を入力します。
  5. 取引したい商品が決まっている場合は、個人口座とともに他の口座の開設を申し込むことができます。信用取引口座、先物・オプション取引口座、NetFx口座がこの同時申し込みの対象です。
  6. マイナンバー通知カードなどのマイナンバー確認書類、本人確認書類の画像を撮影し、アップロードします。
  7. 審査を経て、開設のお知らせと、サービスの利用に必要な会員ID、パスワード、暗証番号などの情報が郵送にて届きます。
  8. 口座開設完了書類の受け取り時に本人確認ができれば、口座の開設は完了です。
  9. もし口座開設にあたって不明な点があれば、オンラインチャットかフリーダイヤルで質問することができます。(平日8:30〜17:00)

松井証券デモ口座のまとめ

松井証券にはデモ口座こそありませんが、それでも口座開設の前にデモ口座の代わりとなる「お取引の流れ」を確認し、不安を解消できます。

実際に口座を開設すると、松井証券の提供する商品とサービスの恩恵が受けられます。

「株式取引を手数料無料で少額でしてみたい」「1日信用取引を使って手数料無料でデイトレードしたい」「ロボアドバイザーの投信工房で無料で提案してもらい、アドバイスをもらいながら投資したい」という人や、松井証券を利用したことがなく使い勝手がわからないという人には特に、実際の口座開設の前にこの記事を読みながら、「お取引の流れ」を確認することをおすすめします。

ある程度使い方がわかった上で、安心して口座開設と実際の取引を始めてみてください。