2019年度版CFDブローカー比較-ブローカー決定主要基準

CFD(差金決済取引)ブローカーとしてトップクラスと見なされるには、様々な面で能力を証明する必要があります。CFDブローカー比較時には、費用、サービスの他、種々の観点が考慮されます。当社のCFDブローカー比較では、ブローカー全体像、有利な点、不利な点といった情報をまとめて一緒に比較できます。重要な選択基準、優良なCFDブローカーの条件、自分のニーズに一番合ったCFDブローカーの発見方法をご紹介しています。

close
FTSEスプレッド
預金保証
最大レバレッジ
最低入金額
注目CFDブローカー
1
/3
トレーダー情報
  • 主要ブランド名
  • 豊富な証券の種類
  • MetaTrader 4利用可
  • 日本市場に進出
FTSEスプレッド
5 ポイント
預金保証
$ 500.000
最大レバレッジ
1:25
最低入金額
¥ 6000
ブローカーに移動
リスクに関する勧告:元本を割ることがあります。ご注意ください。利用規約が適用されます。
Forex.com 体験談
注目CFDブローカー
2
/3
トレーダー情報
  • 良く知られたブランド
  • 実務経験40年以上
  • 日本市場の拡張
  • 膨大な市場数
FTSEスプレッド
1 ポイント
預金保証
£ 50.000
最大レバレッジ
1:25
最低入金額
¥ 0
ブローカーに移動
リスクに関する勧告:元本を割ることがあります。ご注意ください。利用規約が適用されます。
IG 体験談
注目CFDブローカー
3
/3
トレーダー情報
  • AvaTradeは巨大企業
  • 実務経験10年以上
  • セキュリティレベル高
  • MetaTrader 4によるトレード可
FTSEスプレッド
1.5 ポイント
預金保証
€ 50.000
最大レバレッジ
1:25
最低入金額
¥ 30000
ブローカーに移動
リスクに関する勧告:元本を割ることがあります。ご注意ください。利用規約が適用されます。
AvaTrade 体験談
Show more

CFDブローカーが提供するトレーディングオファーとは?

今日、CFDトレーディングは個人トレーダーが利用する人気の取引オプションのひとつとなりました。CFDブローカーの数も増え、トレーダーが利用できる内容を素早く理解するのは容易ではなくなっています。

CFDブローカー比較時に特に重要な観点は、トレードオファーです。トレード可能な原資産への注目と共に、融通の利くトレードの多種性は初心者にとっても重要な要素です。ブローカーが実際に提供しているものには何があるでしょうか。CFDを専門にしている金融サービスブローカーもありますが、投資家としてもっと視野を広げるにはこれだけで十分とは言えません。

株価指数から原料まで様々なオファー

オファーが多いブローカーほど魅力的と言えます。当社の有用性テスト測定でこの部分を評価する理由は、株価指数、商品、外国為替通貨、株式という4つの資産の差金決済取引契約ができるからです。これらの4つの資産は特に人気があり、トレードの良い基盤になります。ただし、原資産に関するブローカーのポジションについて十分に理解しておくべきです。

CFDトレード費用などの条件

ブローカー比較時、手数料を確認することが大切です。スプレッドはここに深く関連してきます。これらが1回のトレードで支払う手数料になります。ブローカーは通常自社ウェブサイトにスプレッドの情報を記載しており、固定スプレッドと変動スプレッドのどちらが使用されているかを確認できます。このことでわかるのは、アカウント開設前におおよそのコストがわかることです。CFDブローカー比較では、最も一般的である原資産におけるスプレッドに注意する必要があります。

追加料金発生の可能性

トレード費用は、いつでもはっきりと記載されているわけではありません。スプレッドに加え、コミッション料発生の可能性も知っておく必要があります。コミッション料発生を一部の商品に限定するブローカーもあります。さらに、トレード口座にかかる追加料金もすべて確認すべきです。口座自体は無料の場合が多いですが、休眠口座手数料を請求するブローカーもあり、その場合利用規約にも必ず記載があります。発生の可能性がある追加料金に注意しながら確認してください。

複数の口座モデルを選べるCFDブローカー

CFDブローカーは、異なる口座モデルを提供することがあります。費用やメリットが異なり、トレーダーとしての経験値も関係することから、トレーダーにとって有利なものとなり得ます。例えば固定スプレッドでの取引ができる口座は注目に値し、トレード数が多いほどコストが安くなります。このように口座モデルは、比較時に重要なポイントになります。口座モデルによって、さらに良いサービスや他のサービスの提供があるかどうかを確認することも重要なポイントです。

最低入金額

もう一つの比較基準に最低入金額があります。ブローカーの評判を判断できるものではありませんが、多くのトレーダーにとって口座開設決定の上で重要な基準となります。CFDトレーディングは、特に小口投資家に人気があり、その場合高水準の最低入金額は大変不利となります。CFDブローカーは小口個人投資者に支持されるものを十分心得ているため、通常低水準の最低入金額を設定しています。およそ100ユーロを想定しておくとよいでしょう。

CFDトレーディングプラットフォームとモバイルトレーディング

トレーディングプラットフォームは、特に重要な観点となります。使用しているソフトウェアは信頼性が高く使いやすいことを確認しておく必要があります。トレード活動が正確に把握でき、戦略を立てる際には有用な情報を提供するものであるべきです。

優良なプラットフォームの特徴:

  • 初心者にもわかりやすい直感的操作
  • 可能な限り多様なツール
  • カスタマイズ可能なインターフェース

複数のトレーディングプラットフォームを用意しているブローカーもありますが、自由にカスタマイズできかつニーズをより満たすため専用プラットフォームを設けている場合がほとんどです。ツールの取り揃えは、専用プラットフォームのほうが豊富になっています。実際には、ほとんどのブローカーでMetaTrader 4などの人気トレーディングプラットフォームが提供されています。CFDトレーディングにおける成功には、自分に合ったソフトウェアかどうかの確認が必須です。また、フレキシブルなトレードを可能にするアプリやモバイルソフトウェアが提供されていることが多く、外出中でもスマートフォン、タブレット、iPadからのトレーディングが可能となっています。
Contentgrafiken Vergleich CFD

CFDブローカーのウェブサイトの使いやすさ

ブローカー比較ではさらに、ウェブサイトの使いやすさも重要な基準としています。「どのブローカーが一番か?」という疑問を常に念頭に置き、使いやすさばかりでなく、サイトの見た目や構造にも注目します。優良なサイトでは一番大切な情報が簡単に探せ、トレーダーが真っ先にするような質問の回答が記載されています。。関連する内容すべてが、自分の言語で表示されていることも確認します。

明確に提供されるべき必要情報:

  • 原資産
  • 口座種類とプラットフォーム
  • スプレッドと他の手数料
  • 連絡先情報と規制準拠情報

多くのブローカーは海外に拠点を置き、国境をまたいで営業活動をしているため、ウェブサイトも英語で表示されているものがほとんどです。英語版のサイトに自動で移動しないウェブサイトでは通常、画面上部からの言語設定オプションが利用可能なはずです。少なくとも、法的文書、価格帯表示、サポート方法は自分の言語で記載されている必要があります。

緊急連絡時のカスタマーサポート

カスタマーサポートは、CFDトレーディングで問題が生じた際に特に重要になる点です。頻繁にある質問は通常ウェブサイトにはっきりと記載があります。「よくある質問」コーナーを設けているブローカーもあり、役に立つ回答を見つけることができる場合もあります。それでも十分とは限らないため、カスタマーサポートのオプションも検証する必要があります。連絡方法、利用可能時間、カスタマーサービス担当者の処理能力はここでは特に重要な点となります。

カスタマーサービス分野で優秀な成績を収めるCFDブローカーは、顧客が急ぎでサービスを必要とする場合にタイムリーに対応します。24時間サービスを提供していたり、平日夕方の早い時間まででサービスを制限しているブローカーもあります。さらに連絡方法も確認しておく必要があります。チャットオプションは特に便利で、余分なメールや質問フォームを開くことなくトレーディングを続けられます。電話も有効な連絡方法ですが、前もって追加料金の有無を調べておく必要があります。

入出金方法

最も自分に合ったCFDブローカーを見つけ出したら、次は決済方法を注意深く確認します。CFDブローカーの口座に入金後取引が始められ、一般的に幅広い選択肢から決済方法を選べます。

よく使用される支払方法

  • クレジットカード
  • Skrill、Paypal、Netellerなどのオンライン入金
  • SOFORT経由での入金

多くのブローカーは、顧客に対し幅広い決済方法を用意しています。多くのトレーダーは決済方法として処理が速く安全なクレジットカードを好みます。銀行送金による決算も安全な方法ですが、処理に時間が掛かることから常に好ましいものであるとは限りません。最近ではNeteller、Skrill 、SOFORTなどによる決済も多くのブローカーで使用できます。決済方法の考慮時、素早く決済できることも大切です。他考慮すべき点は手数料発生の可能性やトレード回数限度です。必ず先に確認しておきましょう。

CFDデモ口座、ウェビナーなどの追加オファー

初心者向けのベストCFDブローカーの地位を確立するためには、さらに魅力的なオファーを提供できている必要があります。デモ口座やeブック、ウェビナー、ビデオ学習、戦略ヒント、専門用語集などの学習資料があるか確認してみましょう。種類の豊富さが重要になるわけではありませんが、初心者でもプロでもこれらのオファーからメリットを受けることができます。ビジネスカレンダーや自動取引システムなどの取引ツール、その他特典があるかどうかを確認しておくことも得策です。

CFDデモ口座を活用

実資金を用いることなくCFDトレーディングの感覚を掴むには、CFDデモ口座活用をお勧めします。プラットフォームに慣れることができ、トレーディングを試せるのがCFDデモ口座です。デモ口座は戦略を検証するのにも役立ちます。デモ口座利用期間を限定しているブローカーも選択肢から外すべきはありませんが、永続的に使えるデモ口座は非特に便利です。デモ口座の仮想クレジットもメリットのひとつになり、仮想クレジットを使用して実際の条件に近い環境でトレードを試すことができます。

CFDブローカーの信頼性がわかる規制準拠と預金保証

CFDのような金融商品では、不正ブローカーを完全に除外することは困難です。しかし、規制への準拠状況を調べることによりブローカーの営業活動が統制あるものかどうか、また必要な場合の処置法についても情報が確認できます。ブローカーがライセンスを受けるにはいくつかの要項を満たす必要があります。規制準拠とは、ブローカー本社を管轄する金融当局により規制される責任の執行を意味します。ブローカーが他の国でもサービスを提供している場合は通常、その拠点の管轄機関にも登録されているはずです。
Contentgrafiken Vergleich CFD

顧客資金・情報の安全性

CFD詐欺の被害にあわないないために、ブローカー比較で情報を転送の暗号化に対応しているブローカーを選ぶのが得策です。ブローカーが情報の暗号化に対応していない場合、ハッカーが個人情報を傍受し悪用する可能性が高くなります。情報の暗号化や規制準拠に加え、預金保証も重要な点です。預金保証制度の有無、保証額限度は必ず押さえる必要があります。また、顧客の資金を別口座に保管しているかどうかも確認します。

したがって、ブローカー比較の際には次の点を考慮すべきです。

  • 預金保証
  • 規制準拠
  • 通信暗号化

プレスリリースレビューやアワード受賞からブローカーを評価

最も自分に適したブローカーが見つかったら、そのブローカーについてのメディアでの評判や過去のアワード受賞歴を調べてみることも価値があります。トレーディング専門誌は定期的にブローカーを評価し、「ベストCFDブローカー」といった賞やタイトルを与えています。ブローカーの直近レビューを確認することも得策で、ブローカーに関する情報、提供オファーの内容、プレスリリースでの評価を知ることができます。一般的に、ブローカーは自社ウェブサイトにプレスリリースの内容を記載しており、そこから多くの関連レポートにリンクできます。

ブローカーのアワード賞

金融関連のプレスリリースやCFDトレーディング情報サイトでは、定期的にブローカーを表彰しています。サポート、プラットフォーム、トレーディングオファー、パッケージの内容が主な基準になります。最優秀賞はそれぞれの分野で特に優れた功績を残したブローカーに授与されます。「ベストトレーディングプラットフォーム」、「ベストCFDブローカー」といったタイトルで検索すると調べることができます。各ブローカーに関する顧客の意見もありますが、これらはあくまで主観的なものですので、決定的な情報としてとらえるべきではありません。

市場概況と市場観測

CFDトレーディングは、近年著しい成長を見せています。多くの小規模投資家や経験の浅い投資家にとっては、現金や先物市場で積極的に投資活動できるところが魅力です。原資産の数が増えれば、CFD市場はベテラントレーダーにも魅力的なものになるはずです。CFD は利率が高くなっていますが、投機商品でもあり、常にリスクを伴うということを忘れてはなりません。ただし、このことは原資産への直接投資よりもより効果的に資金を取り扱えるため、CFDの大きな利点でもあります。可能性は非常に大きく、CFDトレーディングで人気市場である仮想通貨もトレードできます。

今後の展開予想

株式市場内、株式市場外でのトレーディングは、最近になって発展を見せました。オンライントレーディングを提供するブローカーが増えたことで、多くの可能性も生まれました。CFDは大変透明性の高い金融商品であり、低額の投資でも規模の大きなトレーディングができるため、商品としての将来はこれからも期待できそうです。CFDはこれからも順調に発展し続けると予想されるため、将来の投資に向いていると言えます。

ブローカー決定時に使える比較集とレビュー

当社の比較集とアワード賞では、CFDブローカーテストで当社と読者の両視点から選出したブローカーのガイドを提供しています。最終的にはブローカー選択はご自身に必要なものを満たしている必要があります。自分にとって必要な基準は何かをリスト化し確認する必要があります。その上で規制準拠、預金保証、費用、トレードオファー、ソフトウェアなどの内容に関し当ブローカー比較でより踏み込んだ情報を確認するようにしてください。

CFDでのトレーディング活動が順調でも、他の種類の投資に興味を持たれることがあるかもしれません。多くのブローカーは幅広くオファーを用意しており、例えば、CFDトレーディングの他に株式取引や外国為替証拠金取引(FX)なども提供している場合があります。

CFDブローカーに関しては様々な情報が溢れています。仮想通貨による取引にも興味がある場合は、 クリプトブローカー比較が役に立ちます。CFDでビットコインや他のデジタル通貨に投機できるブローカーもあります。 AskTradersでは、様々なトレードに合せて豊富な情報を提供しています。当社が無料で提供する比較集とブローカー体験談レポートを参考にして、自分に合ったCFDブローカーを見つけだしてください。

ブローカー比較をもっと見る

年度版CFDブローカー比較

1
of 2 Forex Broker Forex.com
通貨ペア 80 通貨
最大レバレッジ 1:25
トレーディングサイズ マイクロロット
最低入金額 ¥ 6000
ブローカーに移動
リスクに関する勧告:元本を割ることがあります。ご注意ください。利用規約が適用されます。
2
of 2 Forex Broker GMO Trading
通貨ペア 60 通貨
最大レバレッジ 1:25
トレーディングサイズ マイクロロット
最低入金額 ¥ 30000
ブローカーに移動
リスクに関する勧告:元本を割ることがあります。ご注意ください。利用規約が適用されます。