ブレイクアウト取引戦略ガイド

トレード開始
更新日: 2020年03月24日

ブレイクアウト取引は、まだ初期段階のうちに急上昇する市場動向を投資家が特定し、活用できるようにする金融戦略です。一般的に、アクティブなトレーダーは、ブレイクアウト取引テクニックを出発点として、市場価格の大きな変化の前にポジションを確立します。ブレイクアウト取引の環境は、多くの場合、上昇するボラティリティが特徴です。つまり、リスクを最小限に抑え、市場活動の予期せぬ反転から資産を守るために損切りが必要であることを意味します。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

「ブレイクアウト取引」という言葉を聞くと、多くの人が最初に思い浮かべるのは株価の上昇トレンドです。ただし、こうした考えは、空売りポジションを確立する前に正確に特定できるネガティブな市場シナリオ(すなわち、下落または弱気の価格のブレイクアウト)に簡単に当てはまります。さらに、これらの戦略で使用されるテクニカル分析の概念をあらゆる資産クラス(つまり、株式、外国為替、仮想通貨、商品など)に適用してポジションを確立し、高い成功率での収益性と比較的少ないドローダウンを達成できます。

市場イベント:価格のブレイクアウトとは?

価格のブレイクアウトは、一般に以前の支持線および抵抗線をはるかに超える資産の評価額の変化として定義されています。これらの市場イベントは、新しい参加者が新たな成長を利用しようとするため、取引量とボラティリティが大幅に増加することが特徴です。市場の大半のトレーダーの間での買いや売りへの関心が大幅に増加することで、最終的に資産価格が新しい高値や安値に向かいます。ブレイクアウトの環境では、これは比較的短時間で発生します。

基本的に、ブレイクアウトトレーダーは、資産の価格が明確に定義された抵抗線を上回った(または上図で「ブレイク」した)場合、ロングポジションに入ります。逆に、資産の価格が以前の支持線を下回った(または「ブレイク」した)場合、ショートポジションに入ります。市場がいったんこれらの以前に確立された価格水準を突き抜けると、トレーダーは通常、元の価格ブレイクの方向へのボラティリティの上昇とトレンドの拡大を目の当たりにします。言い換えれば、市場で発達した最初のモメンタムに刺激されて、支持線または抵抗線の強いブレイクは大きなフォロースルーを生み出す傾向があります。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

上記の過去のチャートでは、この現象がリアルタイムでどのように動くのかという例を見ることができます。2つの別々の機会に、強気の投資家は資産評価を以前の抵抗線を上回る水準に押し上げました。その過程で、すでに市場の空売りポジションをとっていた多くの弱気トレーダーは、損切り注文を出し、取引を終了することを余儀なくされました。

ストップアウトされたショートポジションは、最終的には新しいロングポジションになります(元の取引が取り消されてクローズされるため)。結果として生じる取引フローにより、基本的に市場で新しい「買い」ポジションができ、この行動が資産価格をさらに上昇させることにつながります。これらの強気取引のそれぞれが互いに組み合わさって働き始めると、資産価格は以前の抵抗線を突破し、市場は明確な上昇トレンドを確立します。これらのイベントを初期段階で発見できるブレイクアウトトレーダーは、比較的低い市場評価でロングポジションを取ることができ、その後のすべてのポジティブな価格変動を利用することができます。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

次の例では、弱気のブレイクアウトが発生した場合の値動きを見ることができます。この過去のチャートでは、以前の支持線が複数回試された後、最終的に下振れし、市場評価額を大幅に下げています。ブレイク前にこの支持線をチェックしていたブレイクアウトトレーダーは、この価格帯を下回ったすぐのところで空売り注文を出し、取引が活発になった後、かなりの利益を獲得しました(ドローダウンはほとんどありませんでした)。

トレーダーが注意すべき要素の1つは、価格のブレイクアウトは(以前の期間と比較して)より大きなローソク足の形成を特徴とする傾向があるという事実です。これらのローソク足パターンがろうそくの本体を広げる傾向があることは非常に注目すべきことです。日本のローソク足戦略に精通している人は、これらが決定的な市場行動の期間という特徴もあることに気付くかもしれません。言い換えれば市場は、新しいトレンドが発達しており、次に続く価格のモメンタムが強い可能性が高いという非常に明確なシグナルを発しています。

市場動向:価格のブレイクアウトの重要性

ブレイクアウト期間は、さまざまな理由で、金融市場のより広範な行動における重要なイベントを意味します。基本的に、これらは市場の評価期待に新たなパラダイムを投影し、将来的にボラティリティが上昇する可能性を示しています。残念なことに、これらの新しい値動きの厳しさは一般に予想外であり、市場の期待の急激な変化によりトレーダーは無防備になることが多いため、ブレイクアウトの環境でトレーダーの大半は実際に損をします。ただしブレイクアウトが大きな市場トレンドに発達し始める前に、成功したトレーダーが潜在的なボラティリティイベントを特定できる場合、ブレイクアウトシナリオは相当な利益機会となる可能性があります。

初期のブレイクアウトシグナル:基本的なチャートのパターン

ブレイクアウトはどの市場環境でも発生する可能性があり、テクニカル分析のルールに従って古典的な価格パターンが完了すると、最も爆発的な動きが見られるようになります。チャネルブレイク、三角保ち合い、フラッグ、取引レンジ、およびペナントが例に挙げられます。これらの理由から、ブレイクアウトトレーダーは、新しい取引機会を見つけたら、個々の市場シナリオに制限されるべきではありません。

多くの場合、ブレイクアウトはボラティリティが実際に縮小しながら発生するため、特に惑わされることがあります。コイルばねのようなものだと思ってください。一般に、大きな動きはすべてゆっくりとした縮小の後に起こります。以下のセクションでは、価格のブレイクアウトの前に起こることが多い価格パターンをいくつか見ていきます。その後、ついにブレイクアウトが起こったら、値動きを投影した取引スタンスを決定するのに使える方法を評価します。

ブレイクアウト取引の環境

上記の最初のチャートの例では、最初のブレイクアウトイベントが価格チャートにどのように表示されるかを確認できます。次の例では、市場で見られるフォロースルーが投影されたパターンをいくつか見ていきます。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

この例では、下降形三角保ち合いブレイクアウトを確認できます。これらのチャートのパターンは弱気の価格トレンドを示す傾向があり、価格が以前に確立された支持線ゾーンを下抜けすると、このシナリオが展開したことがわかります。トレーダーは、ブレイク中に現れたろうそくがすべて赤いことに気付くかもしれません。これは、市場の動きが明らかにマイナスであることを裏付ける弱気のシグナルです。

モメンタムが下振れに集中しているため、ブレイクアウトが発生した後も価格は引き続き低下しています。強気派は、最終的にもう一度価格を上げようとしますが、価格が最初のブレイクアウトポイントに戻ると、そこを抜けきれません。支持線は、いったん破られると価格の抵抗線として機能すると予想されます。ブレイクアウトポイントで再び抵抗線を試すと(そして最終的に抜けきれない)、このパターンが有効であると確認され、市場のモメンタムがマイナスの方向に集中しているため、トレーダーはショートポジションを確立できます。損切りラインは、上記のように弱気のブレイクアウトポイント(白い線)のすぐ上に設定できます。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

次の例では、上昇トレンドのチャネルブレイクを確認できます。この場合、強気の投資家は着実に上昇トレンドが完了点に達するまで評価を押し上げました。この強気トレンドが終わると、価格は大幅に下落しました。この値動きは、チャネルをブレイクし、新しい下降トレンドが始まっていることを示唆しました。ブレイクアウトトレーダーは、価格が急激に下がるとこのトレンドを最も早い段階で発見し、ドローダウンがほとんどない状態でショートポジションに入ることができたでしょう。

ブレイクアウト取引の機会を選択する

投資家がブレイクアウトの環境で取引する場合は常に、その資産に対して以前市場に定義された支持線と抵抗線を考慮することが不可欠です。これらの水準の強度と有効性には、試された回数や重要な水準が機能している時間の長さなど、いくつかの要因が影響します。以下の弱気ブレイクアウトの例をご覧ください。大きな支持線が複数回にわたって明らかに試されています。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

ブレイクアウトトレーダーは、市場で支持線と抵抗線が複数回試されている場合、その線はより強い(またはより有効)と見なす傾向があります。上記の例では、支持線を何度も試し続け、この支持線を超えるロングポジションへどのように繋がったのかを確認できます(損切りラインはこの支持線のすぐ下に設定することができます)。この水準がようやく破られると、次の値下がりは非常に激しいものでした。

この動きを活かすために、ブレイクアウトトレーダーは、下値を抜けた場合に新しいショートポジションが確立されるよう、この支持線ゾーンのすぐ下でエントリー注文を出すことができます。ご覧のとおり、このシナリオで確立されたショートポジションは、大幅な利益を獲得できた可能性があります(このプロセスには実質的にドローダウンはありません)。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

まずは簡単な質問にお答えして、貴方に合ったトレードをみつけましょう。

所要時間:1分以下

20
質問: 1/5
Q: トレードの知識や経験はどの程度ありますか。

初心者 トレード経験あり 上級

60
質問: 3/5
Q: 何をトレードしたいですか。

株式&ETF 仮想通貨 FX CFD ファンド

80
質問: 4/5
Q: 金銭的なリスクをどのようにお考えですか。

リスクは避けたい 多少のリスクは覚悟 リスクは高い方がいい

100
完了: 5/5
貴方のトップ・ブローカーを2社選びました!さあ、今すぐトレードしよう!

次のチャートの例では、これらの同じルールがトレンドラインの支持線と抵抗線にもどのように当てはまるのかを見ることができます。ここでは、トレンドラインの支持線が何度か試されており、価格は強い上昇トレンドにあります。市場の買いの動きが鈍化し始めると、このはっきり定義されたトレンドラインの支持線が破られ、投資家はロングポジションをクローズして新しいショートポジションを確立することで対応します。トレンドラインの支持線は、いったん破られると抵抗線として機能し始めると予想され、上記の例ではそれが起きています。トレンドラインの支持線が破られた後、市場はその水準を再び試し、ここで突き抜けきれず最終的に評価額の大幅な低下につながります。

この場合、弱気のブレイクアウト(そして最終的な上値を再び試す動き)は、まったく新しい下降トレンドを開始します。上記のトレンドライン支持線を注意深くチェックすると、ブレイクアウトトレーダーは初期段階でこの急激な値動きを発見し、それに応じて新しいポジションをとることができたでしょう(このブレイクアウトイベントが本当の弱気トレンドへの反転だと確認してから)。

ブレイクアウト戦略の例

この例では、価格が何度か抵抗線に直面することがわかります。最終的に、この買いの動きにより、この供給抑制ゾーンを突破できるほどの圧力が上方向にかかります。この強気のイベントに続いて、市場は新たな上昇トレンドを確立することができました。このトレンドの最初の波に続いて、再び以前の抵抗線の下値が試されました。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

テクニカル分析の古典的なルールでは、抵抗線が後の期間に支持線として再び試される可能性が高いことが示唆されます。このイベントは、モメンタム指標からの測定値の上昇とともに、上記の過去のチャートで見ることができます。価格推移が資産評価で安値を上回る動きを示すにつれて、強気の指標の読みが発達し始めます。モメンタム指標は、トレーダーが採用するポジショニングスタンスの客観的な指標になります。

強気指標の測定値は、最終的に抵抗線のブレイクで目に見える上昇の値動きを投影したため、これらはこの資産の買いポジションにつながる可能性のある要因です。ただし、この戦略ではトレーダーが前もってポジションの構成を練る必要があるため、ブレイクアウトイベントを定義する抵抗線より上の水準で買い注文を行う必要があります。これらのブレイクアウトの動きに続く市場の動きは、激しく不安定な傾向があります。このため、ブレイクアウト戦略を実行するトレーダーには、ドローダウンが最小限に抑えられることがよくあります。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

次の例では、強気のチャネルブレイクアウトの形成を見ることができます。チャートの左側では、価格は長期の高値付近で取引されますが、短期のレンジ取引の支持線内で急速に下落します。これにより、市場が本質的に下落へ向かう横方向の取引レンジで取引されるため、下降トレンドチャネルが作られます。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

この前向きな見通しを相対力指数(RSI)の客観的指標の測定値と比較すると、同様のことが言えることがわかります。価格が下降トレンドチャネルの底値をつけると、相対力指数の指標測定値は極端に低くなりました。この段階では価格が大幅に売られ過ぎていると見なされ、これはロングポジションを確立しようとしている人に信用を与えます。

最終的に、ブレイクアウト戦略はイベントの合流に依拠して、利益を生む可能性が高いポジショニングスタンスを作ります。上記の例では、実際に価格の下落イベントが上昇のブレイクアウトの機会に変わったトレンドシナリオを見ることができます。モメンタムがさらに下振れの強さを示し始めたため、一部の取引戦略は売りポジションのシグナルであった可能性があります。しかし、ショートポジションは多額の損失を出し、かなり早く損切りに至ったでしょう。

リアルタイム取引の例:ブレイクアウト戦略

次に、原油の価格を使用したリアルタイム取引の例を見てみましょう。チャートの左側では、評価が一連の重要な支持線を抜け始めるまで、価格は上昇しています。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

前回の上昇トレンドが終了すると、市場のモメンタムの鈍化により、低い水準で横方向の取引レンジが形成されます。ただし、チャートの右側では、最初の上昇トレンドが戻ったことがわかります。原油価格が1バレルあたり53.60ドルで抵抗線を克服すると、ブレイクアウトイベントが発生します。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

ロングトレードは53.72ドルで、下値の損切りは53.45ドル(強気のブレイクアウトポイント未満)で確立できます。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

利益目標は、少なくとも3倍のリスクリワードレシオを使用して構成する必要があります。つまり、トレーダーは、価格が54.50ドルに達したときに利益を取ることを検討できます。場合によっては、最初の利益目標に到達するとトレーダーは損切りを損益分岐点に移動します。

トレンドライン価格の内訳

次の例には、原油価格の強気トレンドラインブレイクアウト(55.20ドル)があります。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

長期の下降トレンドの後、原油市場はより高く反転しました。55.20ドルでロングポジションを取るトレーダーは、有利なリスクリワードレシオを達成するために、損切りラインを54.90ドルに設定する必要があるでしょう。

ブレイクアウト取引戦略チュートリアル

これにより、この戦略で説明したリスクリワードレシオを使用して、利益目標が56.30ドル超と設定されます。原油市場では、(トレンドラインのブレイクアウトイベントの後)すぐに評価額が上昇します。ロングのトレードは、ほとんどドローダウンなしで利益を獲得することができます。

ブレイクアウトトレード:リスクの管理

ブレイクアウト戦略を使用する際の主要な利点の1つは、ほとんどのポジションで3:1のリスクリワードレシオを簡単に達成できることです。この理由は、ブレイクアウト戦略には各ポジションの背後にモメンタムが加わるという利点があるためです。ほとんどのボラティリティはこのトレードの方向に動くはずなので、このモメンタムはいくつかの異なるプラスの効果を生み出します。たとえば、横方向の取引レンジで抵抗線がブレイクすると、オープンショートポジションで損切りが発生します(そしてクローズ時に「買い」ポジションに変わります)。このモメンタムが価格をかなりの利益に押し上げるくらい強ければ、このプロセス中にほとんどドローダウンが発生しない可能性があります。

全体として、ブレイクアウト戦略は信じられないほどの利益の可能性を提供します。これが、市場で利用可能な最良の取引戦略の一部として、アクティブトレーダーがブレイクアウトテクニックを好む主な理由です。通常、ニュースイベントがいったん公開されると、強制的にブレイクする取引レンジを作成するため、ニュースリリースや大きな経済報告書の発表後に非常にうまくいく可能性があります。同時に、価格変動の増加には損失の可能性があるため、ブレイクアウト戦略には厳格なトレード管理も必要です。

まとめ

  • ブレイクアウト取引は、投資家がまだ初期段階にある間に、新しい価格トレンドを活用できるようにする市場戦略です。
  • 投資家がブレイクアウトの環境で取引する場合は常に、その資産に対して市場が以前に定義した支持線と抵抗線を考慮することが不可欠です。
  • 明確に定義された支持線や抵抗線が市場で長く見られるほど、価格のブレイクアウトが最終的に発生したときの取引の成果(トレンドのモメンタムの程度に基づく)が向上します。
  • 価格が以前の抵抗線を上回ってクローズすると、ブレイクアウトトレーダーはロングポジション(強気)を確立する可能性があります。価格が以前の支持線を下回ってクローズすると、ブレイクアウトトレーダーはショートポジション(弱気)を確立することがあります。
  • 価格のブレイクアウトは、いかなる時間帯でもいかなる市場環境でも発生する可能性があります。
  • 支持線と抵抗線は、市場でそれを試された回数が多いほど、より強力(またはより有効)であると見なされます。
  • 価格のブレイクアウトの後、以前の支持線は抵抗線として機能することが期待されます(そして以前の抵抗線は支持線として機能することが期待されます)。
  • ブレイクアウト取引の環境は、多くの場合、ボラティリティが増加することが特徴です。このため、不必要な取引損失を防ぐために保護的な損切りが重要です。