Trading

モメンタム・トレーディングは資産の潜在的な価格の全ての変動率のうち、利益が得られる金融市場における戦略アプローチのことを意味します。 端的に言うと、モメンタムは寛容できる原資産の市場価格の変動のスピードと定義できます。 チャートのテクニカル分析では、オシレータと移動平均を利用して株価のモメンタムを計測できます。 適切な解析テクニックが完了したら、モメンタム・トレーダーはデータを使って将来安定した利益を得られ、一貫しており、かつ再現性のあるポジションの構築が可能になります。

モメンタム・トレーディング・チュートリアル

実質的な意味で「モメンタム」が何を意味するのか、トレーダーは理解しておく必要があります。 この概念を簡単に定義するとすれば、以下のようになります。

モメンタム = 潜在的なトレンドの強さ

3つの例で、相場の価格変動を見てみることにします。

モメンタム・トレーディング・チュートリアル

まず、相場において株価がポジティブモメンタムとなっている案件を例示します。 この案件では、上向きトレンドが続く中、原資産は200日指数平滑移動平均線(EMA)を常に上回っています。

モメンタム・トレーディング・チュートリアル

次に、相場において株価がネガティブモメンタムとなっている案件を例示します。 この案件では、下落トレンドが続く中、原資産は200日指数平滑移動平均線(EMA)を常に下回っています。

モメンタム・トレーディング・チュートリアル

三番目の例は、相場において株価が特に目立ったモメンタムを生み出していないものです。 この案件では200日EMAで原資産価値が増減(価格の上下)を繰り返しています。 この場合、株価は不安定な動きを見せ(変動が横ばいの間)、原資産価値を左右するトレンドのモメンタムは現れていないと結論することが可能になります。

絶対モメンタムと相対モメンタム

モメンタムのリーディングは更に二つのカテゴリに細分化できます。 絶対モメンタムと相対モメンタムです。

  • 絶対モメンタム:時間経過の履歴に基づいた過去のパフォーマンスによる原資産の相場における価格変動。
  • 相対モメンタム:それぞれの抵当を比較した、動きの強い原資産と弱い抵当との相対的な強さの差による抵当の相場における価格変動。

モメンタム・トレーディングの基本的な要素

モメンタム・トレーディングは原資産のボラティリティ、価格計略、集まりすぎなどの相場での変化を追跡できるリスク管理のルールを必要とします。 管理が杜撰だと、上記の要素のいずれもトレーダーの利益幅を減らす原因になりかねません。 相場における、安定した株価へと導く基本的な要素を無視してしまうトレーダーが多いのは遺憾なことです。 ほとんどの場合、次の高騰(あるいは相場の急落)を恐れるあまり、他のトレーディング・コミュニティが相当な利益を享受している間、成功しないトレーダーの数が減ることはないという状況に陥っています。

モメンタム・トレーディングの基本的な要素は、以下の5つの点に細分化が可能です。

  • 選択 –トレードするために選択した原資産
  • リスク – 考えられる損失パラメータを定義するための保護的なストップロス
  • エントリー –トレード開始のタイミング
  • ポジション管理 – 展望やポジションのスタンスの変動に備えて相場を常に監視すること
  • 出口戦略 –トレード完了のタイミング

モメンタム戦略は日中の動き(数十分または数時間単位)でも実行できますが、通常は比較的長めの時間(数週間から数か月程度)で実行されることが多くなっています。 プロセスの第一ステップは相場でのトレンドの方向性を突き止めることです。 上に例示した3つのチャートではそれぞれの原資産の200日移動平均線における価格変動の大まかな位置関係から掴むことが可能です。 ただし、ほとんどのトレーディング・プラットフォームで利用可能となっている人気のチャートオシレーターでも実現できます。

モメンタムオシレーター

モメンタムオシレーターは、原資産価値のトレンドにおける潜在的な力を定義できる非常によく使われているトレーディングツールです。これらオシレーターは、原資産の価格がどの方向に変動しているかを、客観的な視覚情報としてトレーダーに提示します。 また、これらのモメンタムオシレーターで、直近のトレンドの動きが今後も引き続き継続されるかどうかの判断をトレーダーに与える役割もあります。

モメンタムオシレーターは通常変動率(ROC)価格指標として機能します。 モメンタムオシレーターツールは原資産の価格のトレンドの強さが鈍化あるいは反転する前の、価格変動の最大レベル(ピーク)を表示します。 通常のトレーディングにおける用語の使い方としては「買われ過ぎ」と「売られ過ぎ」リーディングがあり、原資産の価格が急騰・急落などを示唆する働きがあります。

市場における価格モメンタムの継続の可能性が減ると、投資家にはしいポジションを築くことが逡巡されるようになります。 多くの場合、これがトレンドの反転を招きます。 以下の例ではよく利用されるモメンタム指標ツールがテクニカルトレーダーに活用される際、リーディングをモメンタムトレーディングにおける有効な戦略に適用できる様子などについて見ていくことにします。

モメンタム・トレーディングの概念

平均方向性指数(ADX)は原資産のトレンドモメンタムを決定する際によくつあくぁれるトレーディングツールです。 ADXリーディングは0~100までの間で変動する価格変動の強さを基に展開されます。 ADXレベルが30以下の場合、変動は横ばいとなります(価格変動に目立った傾向なし)。 場合によってはトレーダーはこれを「未定義」トレンドと呼ぶこともあります。

ADXレベルが30以上の場合、市場活動は上昇トレンドであると言えます(方向性の定義は特になし)。 すなわち、トレンドはブル傾向の可能性もベア傾向の可能性もあることになります。分かっているのは、潜在的なトレンドが強化されつつあるということだけです。 以下の例ではADXの測定基準がトレンドモメンタムとして強さを増し、最終的には反転する様子を見ていきます。

モメンタム・トレーディング・チュートリアル

価格チャートの左側ではスイング低に到達してから原資産の価格が情報傾向に動き始めた様が見て取れます。 ADX値が100に近づいたため、チャートの価格変動で潜在的なトレンドモメンタムが強まりつつあることが視覚化されています。 この例では、200日移動平均線よりも上に原資産の価格が上昇したためADXリーディングがより強制的な上昇を見せています。 それぞれ独立した二つの確証により潜在的な価格トレンドが強まり筒あることが分かるため、買いポジションに入るべきことを示唆しています。 具体的には、ADXリーディングが上昇し、価格上昇が200日移動平均線を上回ったら買いポジションに入ることが可能ということになります。

しかしこの価格チャートの半ばで、ADXのトレンドモメンタムの動きが鈍り始めます。 ブル傾向のポジションでホールドしているトレーダーには、この現象は警告シグナルとなります。 この場合では、最終的に200日移動平均線を価格が下回るまでADXのリーディングが下降し続ける(潜在的な価格評価に伴い)ことになります。 この現象に従い、ADXのリーディングはレベル30以下に落ち込みます。 これにより、これまでのブルトレンドは既になく、市場のモメンタムが消滅したことが示唆されます。 この段階では、トレードの性向と利益獲得の可能性を上げる潜在的なトレンドがないため、買いポジションはすべて完了させることが理にかなっていると言えます。

モメンタム・トレーディング・チュートリアル

次に商品チャンネル指数(CCI)による視覚的な情報を見ていくことにします。 CCIツールは抵当の潜在的なダイバージェンスと単純移動平均線(SMA)とを比較するモメンタムオシレーターです。 ストキャスティクス・オシレーターに類似するCCIは原資産が買われ過ぎか売られ過ぎとなっている状態を表示するための設計となっています。 CCIリーディングが100以上となっている場合、相場が買われ過ぎの状況と判断でき、100以下の場合は売られ過ぎの市場と判断することが可能です。

上のチャートの例ではCCIのベア傾向リーディングが「買われ過ぎ」領域に達し、原資産価格が新規下落トレンドを出し続けることになります(この部分はモメンタムオシレーターでも予想済み)。 200日移動平均線を下回る価格変動とCCIオシレーターのベア傾向が継続することでモメンタムトレーダーにこの時間枠の中で売りポジションに出るに十分な理由が出たと言えます。

モメンタム・トレーディング・チュートリアル

相対力指数(RSI)は、それまでの期間における市場の活動と直近の価格変動との比較により市場の潜在的な「強さ」を計測します。 端的に言えば、RSIは(それまでのモメンタムを基に)現在の価格トレンドが持続しそうであるかを表示するための設計となっています。 上のチャートでは、3点の買われ過ぎ指標リーディングが上昇トレンドの時に起きていることが分かります(将来のポジティブな価格モメンタムを予想)。

主力の価格変動はブル傾向ですので、RSIモメンタムオシレーターは売りへのプレッシャーが終わりつつあることを示しています。 これにより買いポジションのドアが開かれ、RSIの上昇トレンドシグナルと共に支持線以下(白線)での保護的ストップロスを配置することが可能になります。 このチャートの例は、潜在的なブルトレンドがモメンタムを得ている間にもトレーダーが買いポジションに入ることが可能であったという事例を示すものです。

モメンタム・トレーディング・チュートリアル

次に、原資産の価格との関係においてトレードの規模を計測するオンバランスボリューム(OBV)指標を見ていきます。 OBV指標の基幹となるのは、相場の潜在的な価格評価に大幅な変動がある以前にトレードの規模も大幅に増加することが多いことを示すことにあります。 トレンドモメンタム変動の前触れとして、オンバランスボリュームリーディングは利益を生み出す可能性の高いトレーディングスタンスを決めるために有効なツールと言えます。

上に表示したチャートでは、ブル傾向のモメンタムが株価上昇を促すことに裏付けされた急上昇が始まる前にオンバランスボリュームリーディングが上昇していることが分かります。 この情報を初期段階で見ていたモメンタムトレーダーは市場の規模の変動に先んじた低値よりも低いストップロスで買いポジションを設定することも可能でした。

リアルタイムのトレード例: モメンタム・トレーディング

人気のトレーディングツールが送ってくるシグナルのことが理解できた段階で、エントリーと完了の各ポイントをリアルタイムのトレーディング例で見ていくことにしましょう。 ここでの目的はトレードで利益を上げることを可能にできる価格チャートの履歴を複数の要素で見ていくことです。 まず、指数平滑移動平均線(EMA)の活動内容に基づいた単純なモメンタムトレードを見てみます。 原油価格が200日移動平均線を下回り、売りトレードは$57.20で確定することが可能という状況です。

モメンタム・トレーディング・チュートリアル

ストップロスはこれまでの高値以上に設定(¥58.60)できます。 原油価格の売りポジション利益目標はトレードの潜在的な損失額の3倍に設定されています。 相場がこのレベルに到達したらポジションをクローズして利益を確定します。

モメンタム・トレーディング・チュートリアル

次に、チャートのトレンド線における展望を基にモメンタム・トレーディングの例を見ていきます。 上向きのトレンド線が出てきたため、上級のトレーダーは市場のモメンタムの変化に気付き、¥X,XXX.XXで原油を買います。

  • 利益目標は抵抗線に合わせて設定済みです(¥X,XXX.XX)。
  • リスクリワード比3倍ですので、ストップロスは¥X,XXX.XXに設定します。

チャートをみたとおり、最終的な展望はトレードのモメンタムは価格トレンド線に沿って上昇を続けます。 買いのトレードで利益が出た結果となりました。

上級デイトレーディングテクニック:ダイバージェンス

トレーダーがモメンタムツールを使う別の方法には、価格変動のダイバージェンスを捉えることがあります。 価格変動が急激な上昇傾向を見せている時、同様の動きが客観的なテクニカルリーディングでも視覚化されます。 これら2つの要素が矛盾するとき、警告シグナルがトレーダーにとって明確なものとなります。モメンタム・トレーディング・チュートリアル

上の例では価格評価が記録値に近づく急上昇を見せています。 オープンな買いポジションのトレーダーにとっては、これは好ましい傾向です。 しかし、客観的なテクニカル指標リーディングによる確認なしでは現状のトレンドは逆転の危険性を秘めていることになります。 このような場合では利益が出たらすぐに確定し、ポジションをクローズ、市場の他の場所で次の機会を狙うことが理にかなっていると言えます。 言うまでもなく、この考え方は価格トレンドがブル傾向でもベア傾向でも当てはまります。

モメンタム・トレーディング・チュートリアル

これらの現象はモメンタムオシレーターが主力の価格トレンドの傾向とは逆方向のモメンタムを示唆しているという点において慎重に考慮する必要があります。 RSIやCCIのようなオシレーターは、こういう時に非常に有益です。 上の例では相場が明白な下落トレンドを示しています。 経験の乏しいモメンタムトレーダーはこの価格変動をオープンな売りポジションを強く示唆するものと見るかもしれません。 しかし、テクニカル指標がブル傾向のモメンタムが出現しつつあることを示しています。

RSIリーディングもブル傾向に推移しているため、相場は急騰を見せる前の支持線に傾きつつあります。 原資産の価格変動のみ監視しているトレーダーは最安値レベルでの売りに走るかもしれません。 これは、相当な短時間での損失につながる可能性が高いことになります。 潜在的なトレンドモメンタムのシグナルを見ている上級トレーダーは逆方向でポジションを張り、その後のトレード期間で中々の収益を上げています。

モメンタム・トレーディング・チュートリアル

最初の下降トレンドが確実なものとなったら、モメンタムトレーダーはそのトレンドが継続しそうかどうかを評価するため、指標のリーディングを取っておく必要があります。 RSIが上昇傾向にあるため、トレーダーはポジションをクローズし、利益を確定しておくべきだった構図です。 ブル傾向の指標リーディングはこのケースでは買いポジションにした方がチャートにおける値動きからのダイバージェンスや逆転の可能性の高さなどの理由により好ましい選択と言えます。下落傾向のモメンタムが沈静化してきたため、比較的安価にてトレーディングが行われる中、トリプルボトム支持線が出てきています。 これによりモメンタムがトレーダーに逆張りポジションをオープン、前述のトリプルボトム支持線のゾーン内でストップロスを配置するようシグナルします。

この場合、利益目標はトレードでリスク許容度全体の3倍に設定します(これによりモメンタムトレーダーにとって望ましい3:1リスクリワード比が得られます)。 トレードのルールのこうしたパラメータはモメンタム戦略において半数以上のポジションで利益が出なくても最終的には利益を上げることが可能になります。

モメンタム・トレーディングを成功に導くには

上に示した事例は投資家がモメンタム戦略をアクティブな市場で活用するテクニックを現すものです。 モメンタムトレーダーは原資産の株価においてトレンドの加速が見られた時、売り・買いポジションを取ってモメンタムが同じ方向性を保つことを期待します(上昇または下降)。 厳格なルールのパラメータを敷いておくことも、トレードに好ましくない影響を及ぼしかねない感情に移入する危険性を低減させ、再現性の高いフレームワークは今後のトレードに活用できます。

このアプローチが適用されると、モメンタムトレーダーは株価のモメンタムトレンドの潜在的な強さを基にポジションを確立することが可能になります。 トレードにおいてはいつも適切な保護策を取っておき、また成功するモメンタムトレーダーはどのような相場環境においても予期せぬ価格反転に備えストップロスを防衛手段として設定します。

まとめ

  • モメンタムとは抵当の潜在的な価格の加速率を表したもの。
  • モメンタムのリーディングは絶対モメンタムと相対モメンタムの二つのカテゴリに細分化できます。
  • チャートのテクニカル分析では、オシレータと移動平均を利用して株価のモメンタムを計測できます。
  • モメンタムオシレーターは通常変動率(ROC)価格指標として機能し、ツールには相対力指数(RSI)や賞品チャンネル指数(CCI)、オンバランスボリューム(OBV)などが含まれます。
  • モメンタムトレーダーは、これらのツールを活用して確立された方向に原資産のモメンタムが移動し続ける可能性を基に売り・買いポジションを決定します。
  • ほとんどのトレーディングプラットフォームで複数のモメンタム指標が利用可能で、どの原資産であっても、どの時点で売買するのかを確立するためのヒントをトレーダーに提供します。
  • モメンタム指標はまたトレードの出口戦略をトレーダーが決めるためにも活用されます。
  • 買いポジションはリーディングが買われ過ぎの時にクローズし、売りポジションはトレンドのリーディングが売られ過ぎの際にクローズします。

記事監修者プロフィール
渡辺 智


某メガバンクに11年勤めておりプライベートバンカーなどをしていました。現在は保険会社に勤務をしております。投資歴は、投資信託、外貨預金、FX、株式などです。
ライター歴は5年です。分かりやすさをモットーに執筆しております。
【保有資格】
・FP1級
・日商簿記1級
・銀行関連資格(証券外務員内管など)
・証券アナリスト
【経験業務】
・プライベートバンカー
・資産運用コンサルティング(投資信託、保険、債券、外貨預金など)
・融資関係(アパートローン、中小企業融資)
・カードローン、クレジットカード営業
・新サービス企画(投資信託電話約定サービス)

CFDs are complex instruments and come with a high risk of losing money rapidly due to leverage . 75 % of retail investor accounts lose money when trading CFDs with this provider . You should consider whether you understand how CFDs work, and whether you can afford to take the high risk of losing your money .