Binance

口座開設
トレーダー評価
12 分で読めます/更新日: 2020年03月26日

Binance(バイナンス)は2017年に中国で設立され、現在はマルタにその拠点を置いています。500を超える仮想通貨のペアの取引が可能となっています。時間が経つにつれて、より多くの仮想通貨が登場し、現在ではBinance(バイナンス)は世界一の仮想通貨取引所と考えられています。

同社は現在、様々な不換通貨での預け金が可能となるように取り組んでおり、これによりさらなる成長が期待されています。またBinance(バイナンス)は低い手数料でサービスを提供しており、それが非常に魅力的となっています。Binance(バイナンス)にはマルタで世界初のブロックチェーン銀行を設立するなどの他のビジネスベンチャーも行っています。

以下のレビューでは本プラットフォームを様々な基準で評価しています。

長所
  • 様々な仮想通貨ペアでの取引が可能
  • 低い取引手数料
  • 世界最大の仮想通貨取引所
短所
  • 電話によるサポートなし
  • 初心者にとっては難しい

Binance(バイナンス)では何を取引できますか?

アカウント開設

Binance 仮想通貨レビュー

$10 最低入金額
取引手数料
アプリのサポート
1:125 最高レバレッジ

この質問はあなたがBinance(バイナンス)において何が取引できないのかと言い換えることができます。

もちろん仮想通貨のペアのみ取引が可能ですが、それは500を超える選択肢となっています。これらにはビットコイン、イーサリアム、リップルなどの一般的な仮想通貨からネオ、アイオタ、ナブコインなどのあまり知られていない仮想通貨も含まれます。取引可能なその他の仮想通貨の一部は以下の通りとなっています。

  • Aave
  • ダッシュ
  • イーサリアムクラシック
  • アイオーテックス
  • ネクサス
  • ピヴクス
  • ホライズン
  • バイナンスコイン
  • バイナンスポンドステーブルコイン

また、現在はBinance(バイナンス) Jexとしてブランド化されている別会社であるJEXの買収後、先物およびオプション取引へのアクセスも提供しています。

本プラットフォームではトレーダーは他のトレーダーからの売買オファーにアクセスしたり、自分の取引オファーをポストすることもできます。取引ごとに手数料がかかりますが、これは相対的に低い手数料となっています。

最も重要な基準においてBinance(バイナンス)はどうでしょうか?

コスト

他の多くの取引ブローカーと同様、本プラットフォームにも様々な面に関連した手数料が存在しています。Binance(バイナンス)の手数料は取引毎に0.1%です。取引が成立すると、そのコストが自動的にかかります。

コストは購入する仮想通貨から差し引かれます。

0.1%の手数料に対する割引もあります。ただし、これはバイナンスコインと名付けられた取引所独自のコインを一定量保持している顧客にのみ適用されます。

他の仮想通貨取引所や資本市場ブローカーと同様、Binance(バイナンス)は引き出しに対しても手数料を請求します。これは引き出したいコインによって異なります。ここでも引き出しを行うと口座から自動的に差し引かれます。口座を作成すると、ウェブサイトですべての手数料を見ることができます。

口座

Binance(バイナンス)には2つの口座の種類があり、どちらもほぼ同じ手続きで登録することができます。

登録するためにはウェブサイト(ここです)にアクセスし、ページ上部にある登録ボタンをクリックします。ここでフォームに入力し、口座を作成できるページへと移動します。

その後、口座確認のメールが届きます。セキュリティを強化するために口座では2要素認証を有効にすることをお勧めしています。

これはBinance(バイナンス)のレベル1口座に登録できたことを意味し、この口座では1日2ビットコインまでの引き出しに制限されています。

レベル2口座に登録するには追加のID情報が必要です。政府発行のIDを提供する必要があります。パスポートまたは運転免許証のいずれかです。

レベル2口座に登録すると、制限は1日あたり50ビットコインに増加します。Binance(バイナンス)で口座を開設するために必要な最低入金額はありません。

登録は非常に簡単な手続きとなっています。

取引プラットフォーム

プラットフォーム上のすべての取引について、上記の通り、Binance(バイナンス)は0.1%の手数料を請求します。取引するコインによって請求される金額は本プラットフォームで計算することができます。

レバレッジはBinance(バイナンス)でも可能となっています。証拠金は125:1から3:1まで様々ですが、これはポジションのサイズによって異なります。また特定のレバレッジを利用するには口座に一定の証拠金を入れておく必要があります。

証拠金取引を提供するブローカーはポジションを持つためにポジションの合計金額のごく一部の金額しか要求せず、残りはブローカーから借りることになります。レバレッジは追加の投資を行うことなく、市場での約定量を何倍も高めることができます。

持ったポジションが損失の状態となり、初期の証拠金がそれを維持するのに十分でなくなった場合、口座残高を増やす必要があります。これに対する要求は追い証請求と呼ばれます。損益はポジションの全体的な量に依存しています。つまり取引の結果は実際の投資よりもはるかに大きくなる可能性があり、損失は最終的に初期の預け金額を超える場合があります。

全体として本プラットフォームは使いやすく構築されています。ユーザーは取引を開始し、プラットフォームを取り扱う際に問題には直面しないはずです。

使い勝手

Binance(バイナンス)のウェブサイトに初めてアクセスすると、15もの様々な言語でサイトが利用可能であることに気付くでしょう。そのためサイト内を簡単に見て回ることができる言語を見つけることができるはずです。プラットフォームを使用する際に注意する必要がある仮想通貨市場独自の詳細情報が存在するため、本プラットフォームは経験豊富な仮想通貨トレーダーにより適していると言えます。初心者の場合はまず知識とスキルを磨く必要があります。

ホームページで最初に気付くのはある特定の量のビットコインキャッシュを購入するために必要な金額が計算できるビットコイン計算機でしょう。これはBinance(バイナンス)口座に入金するには仮想通貨で入金する必要があるためです。

個々のメニュー項目、プレスオピニオン、その他の一般情報がホームページで見つけることができるでしょう。詳細情報については様々なメニュー項目から辿っていくことができます。

メニューが分かりやすく、探しているものに対してすばやくアクセスすることができます。またウェブサイト上の多くの重要な事項を詳細に説明するFAQセクション(ページ下部にクリックするところがあります)があり、質問がある場合はまずここで確認することをお勧めします。

幸いなことにすべての手数料はウェブサイトで明確に表示されるため、トレーダーはここで価格に関する詳細情報を見つけることができます。このウェブサイトはその明確な構造と重要なポイントへの迅速なアクセスが素晴らしい点です。

カスタマーサポート

プラットフォームに関する一般的な質問について、ユーザーはまずFAQセクションで調べることができます。FAQはテーマ毎に分類されています。このセクションは特に初心者に対して初期の質問に答え、初心者が重要な知識を得るのに役立ちます。

多くの質問がすでにウェブサイトで回答されているため、サポートにすぐに連絡する必要はないでしょう。質問がある場合、ウェブサイトの問い合わせフォームからヘルプへアクセスすることができます。質問点をテキストボックスに記入する前に、多くの詳細情報を最初に記入する必要があります。通常、顧客へは迅速に返信対応をしており、テスト中においてもサポートチームでは問題は発生しませんでした。

ライブチャットもあります。これはウェブサイト下部にあり、緊急の問題点とそれに対して迅速な応答に使用できます。ただしカスタマーサービスとの電話は現時点ではできません。これは本プラットフォームの弱みであると考えています。

支払い方法

前述のようにBinance(バイナンス)は仮想通貨取引所であるため、仮想通貨でのみ入金可能となっています。ただしこれは変更される予定であり、将来的は不換通貨での預け金が可能になる予定です。

トレーダーは自分の口座にログインした後、取引プラットフォームの左上で目的の仮想通貨を選択し、売買を行うことができます。個々の通貨は常にペアでソートされます。ETH/BTCとはイーサリアムをビットコインに交換したり、ビットコインをイーサリアムに交換することを意味します。目的の仮想通貨を選択したら、次のステップは「買い」または「売り」をクリックすることです。

また取引の前にお金をユーザーの口座に入金しておく必要があります。これは前述したように仮想通貨でなければなりません。現在仮想通貨を持っていない場合、クレジットカードまたはデビットカードを使用してBinance(バイナンス)のサイトから購入することができます。

これは迅速かつ簡単な手続きとなっており、購入するとすぐに取引用のBinance(バイナンス)口座に入金されます。

追加オファー

Binance(バイナンス)のプラットフォームで利用できる主なオファーの1つは取引あたりの取引コストを半分にする機能です。

口座に一定量のバイナンスコインを保持することで可能となります。該当する場合、取引コストは0.1%から0.05%と半分になります。またBinance(バイナンス)は友人を本プラットフォームに紹介した場合、報酬をそのクライアントに提供しています。これらの報酬は取引ごとの手数料の割引という形で提供され、紹介者は取引毎の手数料を最大40%にまで割引されます。

このオファーを適用するために友人または家族に紹介リンクを送ります。紹介リンクは本プラットフォームにログインした際に見つけることができます。

規制および預け金保護

セキュリティのためBinance(バイナンス)では2要素認証の共通基準が提供されています。最初のログイン後、このセキュリティ対策を有効にすることが推奨されています。

通常のパスワードに加えて、スマートフォンによるワンタイムパスワードを入力する必要があります。二要素認証は入出金および取引にも使用できます。ユーザーは口座リセットのために2要素認証の形式でマスターキーを保存することもできます。

もう1つのセキュリティ対策としてはコインの大部分をコールドウォレットにオフラインで保存して、不正アクセスからコインを保護しています。また一部の資産はセミコールドウォレットで保護されており、必要とされている保有高はホットウォレットで保護されています。

Binance(バイナンス)が使用するウォレットはトラストウォレットと呼ばれています。このウォレットは安全であり、多数の通貨と分散型仮想資産の一部を保持することができます。このウォレットを使用すると、データも安全になり、Binance(バイナンス)はこの情報にアクセスできなくなります。

個人データと取引はウェブサイト上の暗号化を使用して、第三者によるアクセスから保護されています。Binance(バイナンス)での数多くの経験に基づき、安全対策が確保されています。プラットフォームのセキュリティ対策がプラットフォームのテストにおいて特に強調されています。トレーダーはBinance(バイナンス)で仮想通貨を安全に取引でき、ユーザーは仮想通貨取引所であらゆる種類の詐欺を排除することができます。一部のプラットフォームではBinance(バイナンス)はあまり規制されていない仮想通貨取引所だと言われています。ただし、現時点では仮想通貨を規制する必要はありません。

アワード

Binance(バイナンス)は世界最大の仮想通貨取引所だと言われています。すべての仮想通貨取引所の中で最大の年間の日次取引量となっています。

しかし私たちが調査した限りではBinance(バイナンス)は賞を受賞したことはありません。Binance(バイナンス)のウェブサイトとGoogleの検索結果を調べたところ、賞を受賞したことがないことに驚きました。

しかし世論はブローカーに対してよく理解しており、プラットフォームの顧客がBinance(バイナンス)を仮想通貨取引所のトップの1つとして好意的に認識していることは明らかとなっています。

仮想通貨取引所で取引する際の安心感を得るためには報道機関や他のユーザーの生の声といった世論も重要となってきます。Binance(バイナンス)は近年プラットフォームでの仮想通貨取引が安全であることを証明しています。

金融業界の報道機関はBinance(バイナンス)を間違いなく最高の取引所と認識しており、そのように報道しています。そのためBinance(バイナンス)がいかに優れているかを知ることができるオンライン記事が入手可能となっています。

このプロバイダでCFDトレードを行うリテール投資家アカウントの71%が損失を出します。CFDの仕組みを理解し、損失を出すリスクを負う余裕があるかどうかを十分考慮してください。