Bitstamp

口座開設
トレーダー評価
10 分で読めます/更新日: 2020年03月26日

BITSTAMP (ビットスタンプ) はデジタル通貨をユーロと米ドルに交換する最も長い歴史をもつ取引所です。100万人以上のユーザーがいるヨーロッパでのビットコイン取引所の最大のプラットフォームの1つとなっています。

同社は2011年に設立され、2016年からルクセンブルク金融市場局からの管理を受けています。これまでのところビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの取引が可能となっています。仮想通貨の交換レートは需要と供給によって決まります。Bitstamp (ビットスタンプ) の利点の1つは通貨の選択肢が多いことが挙げられます。

長所
  • 5の仮想通貨が取引可能
  • 手数料が明確で0.10%〜0.25%の間
  • 定期的なソフトウェアアップデート
  • 2014年にスタートアップ企業として賞を獲得
短所
  • 英語のみ
  • 銀行送金で支払う場合のコスト
  • クレジットカードでの入金および引き出し手数料

BITSTAMP (ビットスタンプ) では何を取引できますか?

仮想通貨口座を開設

BITSTAMP (ビットスタンプ) での仮想通貨の経験

$25 最低入金額
取引手数料
アプリのサポート
1:1 最高レバレッジ

ビットコインがスタートして以来、多くの選択肢がマーケットで確立されています。例えば仮想通貨であるリップルは2017年にその価値が10,000%以上増加しました。Bitstamp (ビットスタンプ) では5つの仮想通貨を取引することができます。資金を広く分散させることができるため、個々の通貨の価格減少を補い合うことができます。いくつかの仮想通貨に投資し、ビットコインを取引したくない人でもBitstamp (ビットスタンプ) で口座を開設する価値はあります。

ビットコイン:ビットコインは依然として仮想通貨のマーケットリーダーです。毎日数十万人のトレーダーがビットコインを世界中で取引しています。

ビットコインキャッシュ:2017年半ばにビットコインの更なる発展に関してビットコインコミュニティで意見の相違があった際、ビットコインキャッシュはがその通貨から分離しました。新しい仮想通貨は急速に発展しました。ビットコインよりも早くかつ安全であると言われています。

取引可能な仮想通貨

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン

イーサリアム:イーサリアムはビットコインの5年後にマーケットに登場しました。多くの投資家は仮想通貨に大きな可能性を見出したため、2017年にその価値は大幅に増加しました。

ライトコイン:ライトコインはビットコインと同じ基本構造ですが、マイニングとトランザクションの点においてより高速となっています。将来的にはこの仮想通貨はビットコインよりも競争力を持つと予測されています。

リップル:リップルは他の仮想通貨とは異なり、従来の通貨システムの原理をインターネットに移行した形となっています。

最も重要な基準においてBitstamp (ビットスタンプ) はどうでしょうか?

コスト

Bitstamp (ビットスタンプ) では注文の際に手数料が発生します。金額としては過去30日間の米ドル換算での取引量がどれだけかによって異なります。取引量が20,000ドル未満の場合、0.25%の手数料が適用されます。取引量が大きいほど、コストは低くなります。過去30日間に取引量が20,000,000ドルを超えた場合、手数料は0.1%に下がります。したがってBitstamp (ビットスタンプ) ではより多くの金額を取引したいトレーダーに適していると言えます。

Bitstamp (ビットスタンプ) で投資する人は少なくとも5ユーロまたは0.001ビットコインの投資をしなければなりません。条件に関するその他の質問についてはBitstamp (ビットスタンプ) のカスタマーサービスにお問い合わせください。

  • <20,000ドル:0.25%
  • <200,000ドル:0.22%
  • <600,000ドル:0.15%
  • <1,000,000ドル:0.14%
  • <20,000,000ドル:0.11%
  • >20,000,000ドル:0.10%

口座管理手数料やその他の固定費がかからないことは強調する必要があると思います。Bitstamp (ビットスタンプ) ではコインと個々の取引の取引量に対してのみ手数料が発生します。最も良い条件ではトレーダーは0.1%の手数料を支払うだけです。ただしほとんどの顧客は月額20,000ドルを超えないため、通常は0.25%を支払っています。

すべてのコストはウェブサイトに分かりやすく表示されています。

口座

Bitstamp (ビットスタンプ) で取引を開始するためにはユーザー口座を開設する必要があります。登録をしない場合、ウェブサイトのセクションへのアクセスは拒否されます。この手続きは比較的迅速かつ簡単なものとなっています。名前と姓、および有効なメールアドレスを入力するのみです。

その後、IDとパスワードといったログインに必要な詳細が記載された確認メールが送信されます。その情報を使用してログインした後、設定画面においてパスワードを変更することができます。そしてここで認証が必要となり、これなしではBitstamp (ビットスタンプ) での取引はできません。また追加のセキュリティとしても役立ちます。

この手続きではあなたが個人または企業として行動しているかどうか、また課税対象かどうかの確認が含まれています。またID文書(パスポートまたはIDカード)をアップロードし、提供した住所を証明する必要があります。これには電話または電気代の請求書のコピーで十分です。

手続き全体では時間がかかりますが、これによりBitstamp (ビットスタンプ) は潜在的な詐欺を最初から除外できるようになります。確認が完了すると、顧客は確認メールを受け取ります。その後、ユーザー口座への入金を行えば、Bitstamp (ビットスタンプ) での仮想通貨取引を開始できます。

取引プラットフォーム 

例えばビットコインアカウント口座を開設したい場合など個々の通貨のプロバイダーとは異なり、この取引所ではいくつかの仮想通貨の取引が可能です。新規顧客は口座を開設してから数分以内にBitstamp (ビットスタンプ) で取引されている5つの仮想通貨のうち1つ以上を購入することができます。

登録が完了するとユーザーは口座にお金を入金する必要があります。これは11桁の参照コードを使用し、メニュー項目の「預け金」から行うことができます。支払い方法によっては残高が反映されるまで数日かかる場合があります。その後、最初の注文を出すことができます。Bitstamp (ビットスタンプ) は仮想通貨を最良価格で自動的に売買します。コインは数秒後にユーザー口座で利用可能になります。

各注文には手数料がかかり、最初は取引金額の0.25%となっています。毎月の取引量に応じて、この手数料は0.10%に低下する可能性があります。最低入金額はありません。購入するには「買い/売り」のエリアで購入する通貨単位の数を入力します。コインを分割して購入することもできるため、特にビットコインにおいて数千ユーロを投資する必要はありません。

取引は自動的に実行され、買い手は通貨を受け取り、売り手はそのお金を受け取ります。買いも自動的に実行されます。売り手が注文を行い、システムがそれを処理します。

使い勝手

ウェブサイトはすべてのオンラインプロバイダーにとっての名刺のようなものです。また第一印象も決定します。Bitstamp (ビットスタンプ) のウェブサイトのデザインはシンプルなものであり、Bitstamp (ビットスタンプ) の歴史からわかるように特にそれは顕著なものとなっています。最も重要な情報はホームページで見つけることができます。例えばどの仮想通貨を取引できるかが一目でわかります。ライブトレードとライブオーダーブックも現ウェブサイトに表示されています。現在、どれくらいの取引量のコインがどれくらいの価格で売買されているかがわかります。

ウェブサイトの下部にはコンタクト先情報、FAQ、および会社概要の情報があります。個々の仮想通貨の現在の価格はメニュー項目の「トレードビュー」の下にリスト化され表示されています。ウェブサイトの色もシンプルです。ウェブサイト上部にのみ「デジタル通貨のスターを探して」というタイトルが印象的付けられた大きなバナーがあります。連絡先詳細が記載された下部のバナーは黒です。「トレードビュー」、「登録」、および「ログイン」の項目は青い文字で示されています。ウェブサイトの重大な弱みとしては英語でのみ利用可能な点です。

カスタマーサポート

Bitstamp (ビットスタンプ) ではセキュリティが可能な限り最高の方法で管理されているため、顧客は心配なく取引できます。認証が完了すると、取引を開始できます。しかし緊急時の連絡先が必要です。いくつかの他の仮想通貨取引所と比較し、Bitstamp (ビットスタンプ) は様々な方法で連絡を取れるようなサポートを提供しています。電子メールによる通常の連絡に加えて、電話で連絡することもできます。

  1. [email protected] (ビットスタンプ) .net、[email protected] (ビットスタンプ) .net、[email protected] (ビットスタンプ) .net、もしくは[email protected] (ビットスタンプ) .netへメールで連絡する。
  2. +44 20 8133 5474へ電話で連絡する。

ただし取引所は正確な営業時間を決めていません。電話で連絡できる点は依然としてBitstamp (ビットスタンプ) の利点となっています。電子メールでの回答には数日かかる場合があるため、緊急の場合は電話での連絡により迅速に解決できます。

欠点:Bitstamp (ビットスタンプ) は英語のプラットフォームであるため、サポートは他の言語では対応していません。FAQセクションも一般的な質問に対して回答しています。ただし、英語のみで利用可能となっています。プラットフォームを使用するには基本的な英語の知識があれば十分です。Bitstamp (ビットスタンプ) が将来的により多くの言語によるサービス提供を開始することを期待するだけです。

支払い方法 

取引にはユーザー口座への入金が必要です。Bitstamp (ビットスタンプ) にはこのために2つの方法があり、手数料が異なります。入金はクレジットカードまたはSEPAによる送金で可能となっています。Bitstamp (ビットスタンプ) は最大1,000ユーロのクレジットカードでの入金に対して10ユーロの手数料を請求します。これを超える金額の場合、金額の2%が手数料となります。

銀行はクレジットカードの使用に対しての手数料を請求しますが、その金額はそれぞれの金融機関によって異なります。Bitstamp (ビットスタンプ) の支払いに対しては3.45ユーロのコストがかかります。通貨の変更がない限り、銀行送金による入金には手数料はかかりません。例えば、ユーロで入金するが、米ドルで取引したい場合などです。銀行送金によるBitstamp (ビットスタンプ) の支払いに対しては送金毎に0.90ユーロがかかります。

電信送金による支払いの完了には数日かかる場合があります。仮想通貨のレートは急速に変化する可能性があるため、迅速な投資のためにはクレジットカードで支払う方が有利となっています。投資家はユーザーの口座のウォレットからビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどへ送金することもできます。これには手数料はかかりません。コインを支払う時には受取人の住所を指定する必要があります。トレーダーは金という形でビットコインを受け取ることもできます。

追加オファー

Bitstamp (ビットスタンプ) は純粋に仮想通貨の交換所であるため、他に特別なサービスは提供していません。仮想通貨であるイーサリアム、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルをユーロまたは米ドルで売買することができます。ただしBitstamp (ビットスタンプ) を使用すると、プラットフォーム内で複数口座を開設および管理できます。これらはサブ口座扱いとなります。

口座毎に最大10個のサブ口座を開設し、登録ユーザーのメイン口座で管理できます。これらのサブ口座には決定的な利点があります。利用可能な残高を複数に分割することが可能となります。これは異なる仮想通貨に投資したいトレーダーにとって特に利点となります。これにより取引する通貨と投資された資本に対するより正確な概要を得ることができます。ビットコインの支払いに関する追加オファーもあります。

ビットコインは金という形でも支払うこともできます。そうすることを選択した場合、金は2〜5日以内に提供された住所に送られます。

規制および預け金保護

大規模な仮想通貨プラットフォームへのハッカー攻撃が何度も発生しているため、セキュリティに関するトピックが最も重要となっています。これには規制および預け金保護を含むいくつかの分野が含まれています。仮想通貨自体は規制されておらず、顧客の資金は保護されていません。そのため仮想通貨を取引するときは常に注意しておく必要があります。

ただし、Bitstamp (ビットスタンプ) はルクセンブルクの金融産業監督委員会によって管理されています。これはBitstamp (ビットスタンプ) が適切に機能していることを保証するものではありませんが、金融規制当局が関連するサービスプロバイダーの活動をコントロールしているという重要な指標となっています。

Bitstamp (ビットスタンプ) はすべての通信が最新のテクノロジーを使用して暗号化される実績のあるセキュリティコンセプトにも依存しています。SSL暗号化はBitstamp (ビットスタンプ) のウェブサイトでも使用されます。また定期的なソフトウェア更新が実行されているため、第三者が仮想通貨を盗んだり、ユーザーのデータを傍受したりすることはほとんど不可能となっています。

Bitstamp (ビットスタンプ) の長年の実績により優れた安全対策が実施されています。ただし、仮想通貨に投資する場合、資本が失われる可能性があることに留意しておく必要があります。比較的短期間の投資であり、価格変動が激しいのが特徴となっています。投資に興味がある場合、常にマーケットをモニターし、価格の変動について定期的に通知されるようにしておく必要があります。

アワード

Bitstamp (ビットスタンプ) は英語圏の国でよく知られています。Bitstamp (ビットスタンプ) の仮想通貨に関する多くのレポートは英語版で見つけることができます。これらはこれまでにBitstamp (ビットスタンプ) の詐欺が発生していないことを強調しています。

多数のユーザーが当該企業のプロ意識を称えています。特に新規顧客の場合、業界紙の意見は暗号通貨プラットフォームの良否を判断するための重要な基準となります。フォーブスはBitstamp (ビットスタンプ) を「ビットコイン経済のバックボーン」と呼んでおり、CoinDeskはBitstamp (ビットスタンプ) を2014年のデジタル通貨の分野での最高のスタートアップ企業に選出しました。

Bitstamp (ビットスタンプ) での経験についてレポートするユーザーも本プラットフォームについてほとんどが肯定的な意見を持っており、Bitstamp (ビットスタンプ) テストでも同様に肯定的となっています。取引可能な仮想通貨の幅広い選択が強調されることが多いのですが、高度なセキュリティ標準によってユーザーはBitstamp (ビットスタンプ) が非常に良いと感じます。よく言われている否定的な側面は言語の問題です。プラットフォームは英語でのみ利用可能となっています。

このプロバイダでCFDトレードを行うリテール投資家アカウントの71%が損失を出します。CFDの仕組みを理解し、損失を出すリスクを負う余裕があるかどうかを十分考慮してください。