Kraken

口座開設
トレーダー評価
10 分で読めます/更新日: 2020年03月16日

Kraken(クラーケン)は2011年に設立され、米国のサンフランシスコにその拠点を置いています。ビットコインは2013年から本プラットフォームにおいて売買されています。時間が経つにつれて、より多くの仮想通貨が登場してきました。現在17ものコインが取引されています。コインは米ドル、カナダドル、円、ユーロに交換することができます。

入出金はこれらの通貨で可能です。Kraken(クラーケン)の取引手数料は安く、それは非常に魅力的ではありますが、ウェブサイトは英語と日本語でのみとなっています。以下では米国のプラットフォームが様々な基準で評価されています。

長所
  • 17の仮想通貨
  • 詳細なFAQ(よくある質問)
  • 入金手数料無料
  • 銀行口座への迅速な支払い
  • ユーロ、米ドル、カナダドル、円で交換可能
短所
  • 取引のためには登録が必須
  • ウェブサイトは英語と日本語のみ

KRAKEN(クラーケン)では何を取引できますか?

$10 最低入金額
取引手数料
アプリのサポート
1:5 最高レバレッジ

ユーザーはKraken(クラーケン)においてビットコインを取引できます。また合計17もの仮想通貨を取引することができます。仮想通貨の取引とはそれ自体を「ビットコインの取引」と見なされることがありますが、他に16ものアルトコインが取引可能となっています。そのメリットとは複数の仮想通貨を取引できるため、特定のコイン口座を開設する必要がないのです。

コインは米ドル、ユーロ、円、カナダドルに交換することができます。またコインは相互に売買することができます。コインの価値増加を予想しているトレーダーのため、Kraken(クラーケン)では取引時にレバレッジの使用を認めています。ビットコインに加えて、取引できる仮想通貨にはビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、モネロ、ステラ、ジーキャッシュ、ダッシュがあります。またテザー、イオス、メロンなどのあまり知られていないデジタル通貨も取引することができます。

取引可能な仮想通貨:

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン

本プラットフォームではトレーダーは他のトレーダーからの売買オファーにアクセスしたり、自分の取引オファーをポストすることもできます。取引ごとに手数料がかかりますが、これは相対的に低い手数料となっています。Kraken(クラーケン)で取引をすると決定した場合、取引量と取引の種類に応じた異なる検証レベルによって、事前に登録する必要があります。

これらの様々な検証レベルは不正行為から保護することもその目的としています。Kraken(クラーケン)は最も重要なコインだけでなくメロン、ノーシス、イコノミなどの他のポータルで必ずしも取引可能であるとは言えないコインも取引可能となっています。

最も重要な基準においてKraken(クラーケン)はどうでしょうか?

コスト

手数料の正確な金額は取引前にウェブサイトでKraken(クラーケン)のトレーダーはその詳細を見ることができます。取引あたりの最大コストは0.26%です。価格は取引者が買い手、売り手のどちらであるか、また取引量の大きさによって異なってきます。

基本的にはKraken(クラーケン)の料金は相対的に低くなっています。ほとんどの場合、取引手数料は次のとおりとなっています。

  • 取引量<50,000、売り手:16%/買い手:0.26%
  • 取引量<100,000、売り手:14%/買い手:0.24%
  • 取引量<250,000、売り手:12%/買い手:0.22%
  • 取引量<500,000、売り手:10%/買い手:0.20%
  • 取引量<1,000,000、売り手:08%/買い手:0.18%
  • 取引量<2,500,000、売り手:06%/買い手:0.16%
  • 取引量<5,000,000、売り手:04%/買い手:0.14%
  • 取引量<10,000,000、売り手:02%/買い手:0.12%
  • 取引量>10,000,000、売り手:00%/買い手:0.10%

上記取引量は米ドル表示です。取引量が多いほど、手数料は低くなります。買い手の手数料は常に売り手の手数料よりもわずかに高くなっています。10,000,000米ドルを超える金額の場合、売り手の手数料は無料となります。

口座

Kraken(クラーケン)で取引を開始するためには口座を作成する必要があります。これを行うにはユーザーはまず最低限の情報を提供する必要があり、その後Kraken(クラーケン)で情報を得ることができるようになります。さらに取引を行うためには様々な検証レベルが存在します。「ティア0」の場合、ウェブサイトを見れるようにするためにメールアドレスを確認する必要があります。「ティア2」の場合、名前、住所、携帯電話番号などの情報を確認する必要があります。

確認としてその携帯電話番号にコードが送信されます。これによってユーザーはデジタルコインへと入金することができます。「ティア2」の場合、住所が記載された指定された文書をアップロードし、住所を確認する必要があります。そうすると1か月あたり最大10,000ドルを入金ができるようになります。

またユーロ、円、またはカナダドルで入金することもできます。その場合、入金は銀行送金で実施されます。Fidor銀行の口座保有者はKraken(クラーケン)がこの銀行と契約を締結しているため、迅速な送金処理が可能となっています。他の銀行からの送金には時間がかかる場合があります。

「ティア3」レベルでは3か月以内の電気料金請求書またはクレジットカードの請求書をアップロードする必要があります。ビデオチャットも必要となっており、カメラにIDカードを提示する必要があります。これにより毎月の入出金制限が増加します。ティア4ではトレーダーは最大500,000ドルの入出金ができます。このためにはメールでカスタマーサービスに連絡する必要があります。

取引プラットフォーム

プラットフォーム上のすべての取引について、Kraken(クラーケン)への支払い手数料は0%〜0.26%となっており、これは主に取引量によって異なってきます。Kraken(クラーケン)の手数料はいずれにしても最大0.26%と著しく低くなっていますが、取引額が多ければ多いほど、請求される手数料は低くなります。これに関する詳細情報は「条件」のセクションまたはKraken(クラーケン)のウェブサイトで見つけることができます。Kraken(クラーケン)のウェブサイトには手数料に関連するすべて(Kraken(クラーケン)への手数料と入出金手数料)がリストとして表示されています。

Kraken(クラーケン)では証拠金取引も可能となっています。この取引においての証拠金とはレバレッジポジションを持つために必要な金額のことです。証拠金取引を提供するブローカーはポジションを持つためにポジションの合計金額のごく一部の金額しか要求せず、残りはブローカーから借りることになります。レバレッジは追加の投資を行うことなく、市場での約定量を何倍も高めることができます。

持ったポジションが損失の状態となり、初期の証拠金がそれを維持するのに十分でなくなった場合、口座残高を増やす必要があります。これに対する要求は追い証請求と呼ばれます。損益はポジションの全体的な量に依存しています。つまり取引の結果は実際の投資よりもはるかに大きくなる可能性があり、損失は最終的に初期の預け金額を超える場合があります。

使い勝手

Kraken(クラーケン)に初めてアクセスすると、このウェブサイトはドイツ語版はなく、英語と日本語のみであることに気づきます。あなたが英語に不慣れな場合、また特に仮想通貨取引に精通していない場合、使い方に関して難しさを感じるでしょう。したがって本プラットフォームは経験豊富な仮想通貨トレーダーに適していると言えます。ただし、英語について十分な知識がある場合、ウェブサイトが分かりやすく構成されているため、初心者であっても理解できると思います。

あなたがホームページで最初に見つけるのは登録フォームだと思います。Kraken(クラーケン)ではウェブサイトへの訪問者に対してできるだけ早く登録するように勧めているためです。それ以外の場合、個々のメニュー項目、プレスオピニオン、その他の一般情報がホームページで見つけることができるでしょう。詳細情報については様々なメニュー項目から辿っていくことができます。

メニューが分かりやすく、探しているものに対してすばやくアクセスすることができます。またウェブサイト上の多くの重要な事項を詳細に説明するFAQセクションがあり、サポートチームに連絡する必要はないでしょう。ただし、ここでもFAQは英語と日本語でのみです。幸いなことにすべての手数料はウェブサイトで明確に表示されるため、ディーラーはここで価格に関する詳細情報を見つけることができます。このウェブサイトはその明確な構造と重要なポイントへの迅速なアクセスが素晴らしい点です。

カスタマーサポート

プラットフォームに関する一般的な質問について、ユーザーはまずFAQセクションで調べることができます。FAQがテーマ毎に分類されています。このセクションは特に初心者に対して初期の質問に答え、初心者が重要な知識を得るのに役立ちます。FAQセクションは英語と日本語でのみです。そのため、英語を十分に理解することが間違いなく有利となっています。

多くの質問がすでにウェブサイトで回答されているため、サポートにすぐに連絡する必要はないでしょう。質問がある場合、ウェブサイトの問い合わせフォームからヘルプへアクセスすることができます。ここではメールアドレスを入力する必要があり、問題点を記述する必要があります。サポートスタッフが迅速に対応しようとしても遅延が生じる可能性はあります。

ライブチャットもあります。これはウェブサイト下部にあり、緊急の問題点とそれに対して迅速な応答に使用できます。ただしカスタマーサービスとの電話は現時点ではできません。ユーザーに対しての情報の透明性を可能な限り高めるため、Kraken(クラーケン)は「バグバウンティ(バグ報奨金)」プログラムを採用しています。ユーザーはエラーを報告することでビットコインとして報酬を受け取ることができます。これはカスタマーサービスの使用頻度を低くすることで、長い待ち時間が発生しないようにするためです。

支払い方法

トレーダーは自分の口座にログインした後、取引プラットフォームの左上で目的の仮想通貨を選択し、売買を行うことができます。個々の通貨は常にペアでソートされます。XBT/EURとはビットコインをユーロに交換したり、ユーロをビットコインに交換することを意味します。目的の仮想通貨を選択したら、次のステップは「買い」または「売り」をクリックすることです。買いまたは売りを完了させるため、「金額」の右側に必要な数量を入力します。買うためにはその金額をユーザー口座に入金しておく必要があり、これは銀行送金の支払い方法のみです。これは引き出しにも同様に適用されています。

送金には数日かかる場合があるため、柔軟性向上のために追加の支払いオプションが望ましくなってきます。ここでは支払いを早くするため、様々な電子財布またはクレジットカードの入出金を使用できます。即時送金も銀行送金に代わる実用的な手段です。現在このような支払いの選択肢はほとんどの仮想通貨取引所で提供されています。

SEPA送金によるKraken(クラーケン)入金には手数料がかからず、引き出しには9セントしかかかりません。Fidor銀行の口座を持っている場合、Kraken(クラーケン)ユーザー口座とリンクさせることができます。つまり、支払いがより速く処理され、クレジットやコインの決済がより迅速に実行されます。

追加オファー

「バグ報奨金」プログラムによって、Kraken(クラーケン)はすべてのユーザーが参加できるキャンペーンを提供しています。Kraken(クラーケン)チームはシステムのエラーを回避していますが、それでも見落とされる可能性はあります。このようなシステムエラーは重大な脆弱性となってしまう場合があります。そのためKraken(クラーケン)はユーザーにプログラムの一部としてバグを報告するように依頼しており、そうすることでチームができるだけ早くバグを処理できるようになっています。

そしてKraken(クラーケン)は重要なレポートに対してコインの支払いとそしていわゆるWall of Fameと呼ばれるリストにユーザーを載せることで報酬を提供しています。基本的にシステムのバグを発見した人は誰でもこのプログラムに参加できます。ただしKraken(クラーケン)は見つかったミスが報酬に値するのかどうかを判断する権利を留保しています。重大なバグに対する報酬は最低でビットコインで100ドルとなっています。

エラーを報告するには[email protected](クラーケン).comへメールを送ります。可能な限り多くの情報を記入し、エラー状況を可能な限り詳細に記述する必要があります。Wall of Fameのリストに載りたい場合、あなたの名前も記入してください。このようなメールへの返信には最大2日間かかる場合があります。別の追加オファーとしては出先でのプラットフォームが利用できるiOS用のKraken(クラーケン)アプリです。このアプリはAndroidやその他のオペレーティングシステムではまだ利用できません。

規制および預け金保護

セキュリティのためKraken(クラーケン)では2要素認証の共通基準が提供されています。最初のログイン後、このセキュリティ対策を有効にすることが推奨されています。

通常のパスワードに加えて、スマートフォンによるワンタイムパスワードを入力する必要があります。二要素認証は入出金および取引にも使用できます。ユーザーは口座リセットのために2要素認証の形式でマスターキーを保存することもできます。Kraken(クラーケン)にPGPキーを預けた場合、ユーザーは暗号化された電子メールを送信することもできます。これにはPGP/GPGサポートを提供している電子メールプロバイダーが必要となってきます。

もう1つのセキュリティ対策としてはコインの大部分をコールドウォレットにオフラインで保存して、不正アクセスからコインを保護しています。また一部の資産はセミコールドウォレットで保護されており、必要とされている保有高はホットウォレットで保護されています。

個人データと取引はウェブサイト上の暗号化を使用して、第三者によるアクセスから保護されています。Kraken(クラーケン)での数多くの経験に基づき、安全対策が確保されています。米国プラットフォームのセキュリティ対策がKratenテストにおいて特に強調されています。トレーダーはKraken(クラーケン)で仮想通貨を安全に取引でき、ユーザーは仮想通貨取引所であらゆる種類の詐欺を排除することができます。

アワード

仮想通貨取引所で取引する際の安心感を得るためには報道機関や他のユーザーの生の声といった世論も重要となってきます。Kraken(クラーケン)は近年プラットフォームでの仮想通貨取引が安全であることを証明しています。

「Wall Street Journal」などの業界紙もKraken(クラーケン)について報道しており、ポジティブなコメントを発表しています。セキュリティ上の対策と取引の専門的処理が称賛されています。取引における低い手数料によってユーザーとマスコミは納得しており、そのためプラットフォームは仮想通貨取引の比較において定期的に高いスコアを獲得しています。ネガティブな声としてはウェブサイトが英語と日本語版しかないため、主にドイツ語を話す国から発生しています。

仮想通貨とそれらの取引方法などの複雑なテーマにおいて、トレーダーは理解するために優れた英語スキルを持っている必要があります。ただしウェブサイト自体は明確に構成されているため、個々のポイントにはすばやくアクセスすることができます。一般的な質問の多くはFAQで詳細に回答されており、カスタマーサービスを補完しています。必要とされるすべてのコストはウェブサイトで表示され、、買いまたは売りの前に相互に比較できるため、料金の明確な提示はユーザーにとってポジティブな面として際立っています。

このプロバイダでCFDトレードを行うリテール投資家アカウントの71%が損失を出します。CFDの仕組みを理解し、損失を出すリスクを負う余裕があるかどうかを十分考慮してください。