【FX初心者必読】1万円など少額からFXを始めるメリット・デメリットや取引のコツ

トレード開始
更新日: 2020年07月08日

FXは最大25倍のレバレッジをかけて取引を始められることから、少額でも大きな額の取引ができるという特徴があります。

特にこれからFXを始めようと思っている方やFX初心者の方は、まずは少額から始めてみたいと思っている方が多いのではないでしょうか。

本記事では1万円など少額で始めるFXについて、メリット・デメリットや取引のコツ、おすすめのFX会社等お伝えしていきます。

FXはいくらから始められる?

これからFXを始める方やFX初心者の方の中には、いくらあれば取引を始められるのか不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。

結論から言うと、FXは取引を始めるFX会社によって「いくらあれば取引を始められるか」が変わりますが、1万円あれば投資を始めることは可能です。

以下、具体的に解説していきます。

FX会社毎に最低取引通貨単位が異なる

FXは会社毎に最低取引通貨単位が異なります。

日本においては、多くのFX会社の最低取引通貨単位は1,000通貨単位か1万通貨単位となっています。

例えば、1万円でFXトレードをする場合、A社(最低取引通貨単位=1,000通貨単位)とB社(最低取引通貨単位=1万通貨単位)を比較してみます。

通常、それぞれの最低取引通貨単位で取引しようとすると、1ドル=100円のレートの場合、以下の資金が必要になります。

  • A社 :100円×1,000通貨単位=10万円
  • B社:100円×1万通過単位=100万円

一方、FXには証拠金取引と言う制度があり、FX会社の口座にお金を預けていると、預けたお金の最大25倍まで取引できるようになっています。

この制度を利用すると、A社とB社ではそれぞれ以下の資金があれば取引を始められます。

  • A社:10万円÷25倍=4,000円
  • B社:100万円÷25倍=4万円

つまり、1万円からFXを始めたいのであれば1,000通貨単位で取引できるFX会社を選ぶ必要があります。

FXを少額で始めるメリット・デメリット

FXは1万円等少額から始められることが分かりましたが、このように少額から始めるのにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

FXを少額で始めるメリット1:すぐにFXを始められる

FXを少額で始めるメリットとして、まずは資金を貯めることなくすぐに取引を始められるということが挙げられるでしょう。

FXは、取引で儲けたお金を再投資することで元手を大きくしていくことができるため、「投資を始めるためにお金を貯める」より、まず投資を始めてしまった方が儲けを大きくしやすいです。

 FXを少額で始めるメリット2:損失を少なく抑えることができる

また、少額で始めることで損失を少なく抑えることができるということが挙げられます。

投資で大きく損をしないためには「相場がマイナスの方向に動いたときに早めに損切りすること」が大切です。

しかし、特にFX初心者の方は分かっていてもなかなか損切りできないものです。

これは、人間の心理として「損をすると取り返したくなる」というものがあり、これは「プロスペクト理論」と呼ばれています。

FXに精通してくると、こうした人間の心理があることを理解したうえであらかじめ対策することができますが、FX初心者の方は多くの場合、自分の感情の動きに振り回されてしまうものです。

結果として、マイナスのままポジションを持ち続け、さらに損失が拡大してくといったことになりやすいのです。

一方、そもそもの投資額を小さく抑えておけば、仮に損失が大きく膨らんでも生活が脅かされるといった心配は少ないでしょう。

多くのFX会社では証拠金維持率が50%を下回るとロスカット(強制的な損切り)されるようになっており、投資家の心理に関わらず損を確定できます。

※証拠金維持率とは、「時価評価総額に対する必要証拠金の割合」のことです。

簡単に言えば、FX口座に預けているお金や保有している通貨の合計額に対して、必要証拠金がどのくらいかを示しているものだと考えるとよいでしょう。

証拠金維持率=資産合計額÷必要証拠金×100(%)

例えば、自分のFX口座に1万円入金して、1ドル=100円のときに10万円(1,000通貨単位)の通貨を購入した場合、レバレッジの最大が25倍となるため、10万円÷25倍=4,000円が必要証拠金となります。

よって、上記ケースの証拠金維持率は1万円÷4,000円×100(%)=250%となります。

 FXを少額で始めるデメリット1:ちょっとした動きでロスカットされてしまう

一方、少額で投資を始める場合、ロスカットがデメリットともなってしまいます。

先述の通り、多くのFX会社では証拠金維持率が50%を下回るとロスカットされます。

少額で取引するとハイレバレッジの取引となりやすく、相場がマイナスの方向に少し動くだけで証拠金維持率が大きく下がりやすくなります。

相場は上がったり下がったりを繰り返しながらトレンドを形成していきます。

例えば、100円から99円に一旦下がり、次に102円に上がるといった相場の動きをした場合、少額で取引していると、99円に下がった段階でロスカットされてしまっているといったケースが多くなってしまうのです。

 FXを少額で始めるデメリット2:利益も小さくなる

当たり前の話ですが、少額の取引だと、相場がプラスの方向に動いでも大きな利益を期待できません。

例えば、100万円で取引を始めれば10万円の利益を得られますが、1万円で取引を始め10%の利益が出たところで利益確定しても利益は1,000円です。

少しずつ利益を重ねて元手を大きくしていくことが大切だといえるでしょう。

1万円でFXを始めてどれくらい儲けることができる?

実際のところ、1万円でFXを始めた場合どのくらい儲けることができるのでしょうか?

ここでは、以下のような条件で取引をした場合の利益をシミュレーションしてみたいと思います。

  • レートは1ドル=100円
  • 1万円の元手でレバレッジ10倍、1,000通貨単位の取引
  • 1日に0.5円分の利益を得る

上記の条件の場合、1日の利益は以下のように計算できます。

0.5円×1,000通貨単位=500円

1日の利益が500円と聞くと少ないようにも感じるかもしれませんが、この取引を1カ月の内20日続けることができれば、1月に1万円稼げる計算となります。

また、FXで稼いだ利益を再投資していけば、1年後には10万円程度を元手に取引していくことができるでしょう。

Take this quick quiz to help us find the best path for you

所要時間:1分以下
20
質問: 1/5
Q: トレードの知識や経験はどの程度ありますか。

初心者 トレード経験あり 上級

60
質問: 3/5
Q: 何をトレードしたいですか。

株式&ETF 仮想通貨 FX CFD ファンド

80
質問: 4/5
Q: 金銭的なリスクをどのようにお考えですか。

リスクは避けたい 多少のリスクは覚悟 リスクは高い方がいい

100
完了: 5/5
貴方のトップ・ブローカーを2社選びました!さあ、今すぐトレードしよう!

もちろん、実際には勝つ日もあれば負ける日もありますが、このように再投資して元手を大きくしていけば、儲けをどんどん大きくしていくことも可能です。

投資額を増やせば手っ取り早く稼げる?

上記は1万円から始めた場合の計算ですが、初めから投資額を大きくした場合はどうなのでしょうか?

次は、100万円から始めることを想定して、以下の条件で取引を始めることを想定してみましょう。

  • レートは1ドル=100円
  • 100万円の元手でレバレッジ10倍、10万通貨単位の取引
  • 1日に0.5円分の利益を得る

上記条件の場合、1日の儲けは0.5円×10万通貨単位=50,000円とすることができます。

先程と同様に、1カ月の内20日50,000円稼ぐことができれば1カ月の利益は100万円となります。

このように、元手を大きくすればそれだけ利益額も大きくできます。

一方で、上記は損失を含まないシミュレーションです。

先述の通り、少額で始めるとロスカットにより損失を少なく抑えることができるというメリットがあります。

特にFX初心者の方は、少額で初めて少しずつFXのやり方を覚えていき、損失を抑えながら元手を大きくしていくことをおすすめします。

少額でFXを始めて利益を挙げる3つのポイント

ここでは、1万円など少額でFXを始めて利益を挙げるためのポイントとして以下の3つをご紹介します。

  • コツコツ稼ぐ
  • 取引回数を増やす
  • 逆張りはしない

それぞれについて見ていきましょう。

コツコツ稼ぐ

インターネットでFXについて検索すると、「1年で1億円の利益を得た」等、成功した人の話が目についてしまうものです。

しかし、そうした話につられて大きな利益を得ようと、勝負をかけても多くの場合は失敗に終わってしまいます。

まずはFXで利益を挙げるにはどうすればいいのか、少額で初めて少しずつ取引に慣れていくようにしましょう。

取引回数を増やす

1万円など少額で取引する場合、長期間同じポジションを取り続けていると、別のポジションを取りづらくなります。

レートは上がったり下がったりを繰り返しながらトレンドをつくっていきます。

例えば、1ドル100円から3カ月かけて103円まで相場が動く場合、レバレッジ10倍、1,000通貨単位、1万円で同じポジションを持ち続けても利益は3,000円にしかなりません。

一方、上がり下がりの波で少しずつ利益を積み重ねれば、先述の通り1日500円の利益でも1カ月に1万円、3カ月で3万円の利益を狙うことができます。

逆張りはしない

逆張りとは、下降傾向にある相場で買いポジションを持つなど相場とは逆方向にポジションを持つことです。

相場は一度底や天井をついた後、逆方向に大きく動くことがあり、逆張りポジションを持つことで大きな利益を得られることもありますが、多くの場合は狙い通りにいかないものです。

特に投資初心者の内は、逆張りポジションで大きな利益を狙うのではなく、順張りポジションで少しずつ利益を積み重ねていくことを目指すことをおすすめします。

1万円から始めるのにおすすめのFX会社

FXは会社ごとに最低取引通貨単位が異なることもあり、1万円など少額から始めるのであればFX会社選びが重要になります。

ここでは、少額から取引を始めるのにおすすめなFX会社として以下の3つをご紹介します。

  • SAXO BANK
  • FOREX.com
  • IG証券

それぞれについて見ていきましょう。

米ドル円スプレッド幅 最低取引通貨単位 最低入金額
SAXO BANK 0.29銭(変動制) 1,000 10万円
FOREX.com 0.8銭(原則固定制) 1,000 5万円
IG証券 0.2銭(原則固定制) 10,000 なし

SAXO BANK

SAXO BANKはデンマーク、コペンハーゲンに本拠を置く投資銀行で、日本においてはサクソバンク証券会社にてFX口座を開設できるようになっています。

SAXO BANKは最低取引通貨単位が1,000となっており、1万円からでもFXで取引を行うことができます。

また、米ドル円のスプレッドは0.29銭となっており、取引回数を多くしたい少額の取引においては始めやすい内容となっているといえるでしょう。

ただし、スプレッドは変動制となっており、特に相場が大きく動くような側面では大きく開いてしまうこともある点に注意が必要です。

また、口座開設時には最低10万円を口座に入金しなければなりません。

SAXO BANK

FOREX.com

FOREX.comはグローバルに展開するゲインキャピタルホールディングスの運営するFX会社で、1,000通貨単位から取引可能となっています。

また、米ドル円のスプレッドは0.8銭と多少広くなっていますが、原則固定制のため、変動制のFX会社と比べて最終的にお得に取引できる可能性があります。

Forex.comでは世界的に有名な取引ツールであるMT4を利用できますが、こちらのツールを利用する場合は、最低入金額が5万円となっている点に注意が必要です。

FOREX.com

IG証券

IG証券はイギリスはロンドンに本社を置く会社の日本法人です。

最低取引通貨単位は10,000となっていることから、最低でも4万円の初期費用が必要となりますが、米ドル円のスプレッド幅が原則固定で0.2銭となっているなど、取引回数を多くしたい少額での取引においておすすめな内容となっています。

なお、口座開設にあたり最低必要な入金額は特に取り決めがありません。

IG証券

FX 比較 ランキングはこちら

まとめ

1万円など少額から始めるFXについて、メリット・デメリットや取引のコツ、おすすめのFX会社等お伝えしました。

FXは投資額が大きい方が利益を大きくできますが、特に投資初心者の内は損失を小さく抑えられることから、少額から始めることをおすすめします。

少額から始めたとしても、FXで得た利益を再投資することで利益額を大きくしていくことはできます。

これからFXを始めようと思っている方は本記事の内容を参考に、リスクを抑えた少額取引から始めてみてください。