トルコリラのをスワップポイント狙いで取引する5つの理由とおすすめFX会社

トレード開始
更新日: 2020年08月04日

数ある通貨の中でもトルコリラはFXをしている人であればおなじみの通貨ですし、人気の通貨です。

トルコリラの投資方法として、オーソドックスな手法がスワップポイント狙いで投資するという方法です。

数ある外貨の中でもトルコリラほどスワップポイント狙いで投資することに向いている通貨はないと言っても過言ではありません。

この記事ではトルコリラをスワップポイント狙いで投資すべき理由と、トルコリラを運用する際のポイント、さらにおすすめFX業者まで解説していきます。

FXを始めるのであればトルコリラは欠かすことのできない通貨です。

しっかりとトルコリラ投資のポイントを抑えておきましょう。

トルコリラが人気の5つの理由

トルコリラが投資家に人気である理由としてはは以下の5つの理由をあげることができます。

  • 2020年現在、歴史的な安値圏で推移
  • トルコリラは政策金利が非常に高い
  • 少ない証拠金で始められる
  • 潜在成長力の高い国
  • 投資家から人気があり安定している

2020年は新型コロナウイルスの影響によるリスクオフによって割安で購入することができるということの他、そもそも金利が高いという点などをあげることができます。

トルコリラは上記のポイントによって長期投資に非常に適した通貨であると言えるでしょう。

トルコリラが人気であることの5つの理由について詳しく解説していきます。

2020年現在、歴史的な安値圏で推移

トルコリラは2020年6月現在、歴史的な安値圏を推移しています。

2017年には30円台だったトルコリラ/円レートでしたが、2018年に20円台へ、さらに2018年10月にはトルコショックと言われる暴落が起き15円台へ暴落します。

そして2020年4月に14円台をつけています。

2020年6月現在では15円台まで回復していますが、上値の重い状態であることに変わりはなく、歴史的な通貨安となっています。

トルコリラは政策金利が非常に高い

そして、トルコリラが人気の最大の理由は、トルコの政策金利の高さです。

2020年6月時点のトルコの政策金利は8.25%となっています。

2020年5月に8.75%から0.5%引き下げを行なっていますが、それでも超低金利政策を継続している日本はじめとした先進国から見れば圧倒的な高金利となっています。

日本のような超低金利通貨を売ってトルコリラのような高金利通貨を購入するとスワップポイントは大きくなります。

日本の政策金利が-0.1%の場合は、8.25%−(-0.1%)=8.35%のスワップポイントを受け取ることができます。

高金利通貨で長期的な投資を希望する人にスワップポイントの高いトルコリラ/円の通貨ペアは大変魅力的になっています。

少ない証拠金で始められる

前述したように、トルコリラは15円程度で推移しており、歴史的な安値となっています。

安く購入することができるということはそれだけ少ないお金で投資をスタートさせることができるということでもあります。

1Lot(1千通貨)取引するための必要な証拠金は、トルコリラの場合はたったの700円です。

アメリカドルであれば4,000円以上必要になってしまうことと比較すると、トルコリラは少ない手持ち金から取引を始めることができるという点でも多くの投資家に人気があります。

潜在成長力の高い国

トルコは潜在成長力が高い国だと言われています。

  • 毎年100万人前後のペースの人口増加
  • 平均年齢は30代の若い国
  • 高い内需
  • 製造業が盛んで輸出が大幅増

このように、トルコは将来的に大きな経済発展を遂げる可能性がある国として、近年注目を集めています。

トルコショックのように通貨が暴落することはあっても、上記のトルコの潜在成長率には変わりなく、今後トルコ経済が大きく伸びていけばトルコリラの価格も大幅に上昇することが期待されています。

この意味でもトルコリラはスワップポイント狙いで長期保有し、価格の上昇を期待できる通貨であると言えるでしょう。

投資家から人気があり安定している

上記のような理由からトルコリラは投資家から人気のある通貨です。

日本のFX会社にトルコリラが登場したのは2014年頃です。

この頃から人気が出始め、2018年にはスワップポイント狙いで人気の南アフリカランド/円の通貨ペアの取扱高を抜きました。

そして、2019年には全通貨ペアの中で7位にランクインするなど、人気は急上昇しています。

多くの投資家から投資されている人気の通貨ですので、長期的にレートの変動は大きくても比較的安定している新興国通貨であると言えるでしょう。

トルコリラをスワップポイント狙いで運用する3つのポイント

上記のように、トルコリラは長期的に見て成長性が高い上に金利も高いので、スワップポイント狙いで運用するのが最適です。

しかし、スワップポイント狙いで運用するにしても以下の3つのポイントを抑えておかなければトルコリラへの投資はリスクが高くなりすぎてしまうと言えるでしょう。

  • 2倍〜3倍程度のレバレッジで運用する
  • 余裕資金で運用する
  • 中長期のスパンで運用する

トルコリラを投資する際の3つのポイントについて詳しく解説していきます。

2倍〜3倍程度のレバレッジで運用する

トルコリラのスワップポイントは2020年6月現在で8.35%にもなります。

そのため、それほど高いレバレッジをかけなくても十分なリターンを期待することが可能です。

そもそもレートが大きく下落する可能性があるものですので、できれば2倍〜3倍の低めのレバレッジで投資を行うようにしましょう。

10万円をレバレッジ3倍で投資を行った場合、10万円に対して8.35%×3=25.05%ものリターンを期待することができます。

レバレッジ3倍でただ持っているだけで、10万円に対して25,050円ものリターンを得ることができます。

これは、長期投資としては十分すぎるリターンであると言えます。

リスク回避のために低めのレバレッジにしたとしてもトルコリラの場合には十分なリターンを得ることができるので、低めのレバレッジを設定するのがおすすめです。

余裕資金で運用する

これはトルコリラだけでなくFX投資における基本ですが、余裕資金で運用することが基本です。

Take this quick quiz to help us find the best path for you

所要時間:1分以下
20
質問: 1/5
Q: トレードの知識や経験はどの程度ありますか。

初心者 トレード経験あり 上級

60
質問: 3/5
Q: 何をトレードしたいですか。

株式&ETF 仮想通貨 FX CFD ファンド

80
質問: 4/5
Q: 金銭的なリスクをどのようにお考えですか。

リスクは避けたい 多少のリスクは覚悟 リスクは高い方がいい

100
完了: 5/5
貴方のトップ・ブローカーを2社選びました!さあ、今すぐトレードしよう!

特にトルコリラはトルコショックのような暴落を経験している比較的リスクの高い通貨です。

使い道の決まっているお金を運用してしまうと含み損によって必要なタイミングで引き出すことができなくなってしまう可能性がありますし、暴落による強制ロスカットによって必要資金を失ってしまう可能性もあります。

トルコリラはスワップポイント狙いで長期運用することが大前提の通貨ですので、必要資金で投資するのではなく、必ず余裕資金で投資するようにしてください。

中長期のスパンで運用する

トルコリラは歴史的な割安水準となっており、2020年6月現在も15円代で上値が重い状態です。

しかし今後、新型コロナウイルスを乗り越え、経済的にトルコが発展していけば価格の上昇が期待できる通貨です。

そのため、トルコリラそのものは長期的なスパンで値上がりを期待しなければなりません。

さらには、高い政策金利によるスワップポイントによって、トルコリラは保有しているだけで高いリターンを得ることができる通貨でもあります。

  • 値上がりを期待するには時間が必要
  • スワップポイントが高い

この2つの理由によってトルコリラは長期投資向きの通貨であると言えます。

長い目線で中長期の運用を意識するようにしましょう。

トルコリラを運用する人のFX会社の選び方

トルコリラを運用するのであれば業者選びにも十分注意しなければなりません。

特に多額の資金を長期間運用するスワップポイント狙いが向いているトルコリラの業者選びにおいては安全性が非常に重要になります。

トルコリラを運用する業者選びのポイントは以下の3点になります。

  • 狭いスプレッド
  • 財務基盤が安定した会社で運用する
  • 口座開設特典も重要

トルコリラに適した業者の選び方について詳しく解説していきます。

狭いスプレッド

中長期の運用をすべきトルコリラにあまりスプレッドは気にする必要なないのかもしれません。

しかし、やはり円を売ってトルコリラを購入する際のコストは低いに越したことはありません。

そのため、できる限りスプレッドが狭いFX会社を選択する方が望ましいでしょう。

財務基盤が安定した会社で運用する

トルコリラを取引するにあたっては財務基盤が安定した会社で運用した方がよいでしょう。

トルコリラは長期で運用するものであるため、証拠金も長い時間FX会社に置いておく必要があるためです。

例えば財務基盤が不安定な会社に証拠金を預けた場合、長期保有している間にそのFX会社が倒産してしまう可能性は十分にあります。

その場合、海外のFX会社であれば証拠金は返還されることがありません。

この意味で、「財務的に安定したFX会社と取引したい」という人は、DMMやGMOクリック証券、松井証券などの国内の厳しい規制をクリアしているFX会社で取引をした方がよいかもしれません。

また、海外業者でもXM、forex.com、AVA TRADE、SAXO BANK、IG証券などは財務的に安定した大手会社ですので、比較的安心して取引をすることができるでしょう。

口座開設特典も重要

トルコリラで投資をスタートしてみようという人は、「初めてFXで投資をする」という人も多いのではないでしょうか?

初めての人はFX会社によって様々な特典が設定されている口座開設特典にも注目した方がよいでしょう。

FX会社各社は、新規顧客獲得のために口座を開設した人に対して以下のような特典を用意しています。

  • 未入金トレードが可能な口座開設ボーナス
  • 入金額の100%ボーナス
  • 損失補填
  • キャッシュバック
  • 他社からの乗り換え損失補填
  • 豪華なプレゼントなど

未入金でも取引を開始できるボーナスなどを利用すれば、実際にお金を用意しなくてもFXを体験できますし、何よりもお得です。

FX会社は必ずと言っていいほど、お得な口座開設ボーナスを用意していますので、それぞれの業者のボーナスを見比べて、最もメリットの大きなFX会社でトルコリラへの投資を行なってみるのもよいでしょう。

トルコリラの取引にオススメのFX会社

最後にトリコリラの取引にオススメのFX会社をご紹介しています。

トルコリラへの投資はスワップポイントが高いことや、FX会社の財務基盤が安定しているということが非常に重要になり、それらの条件を満たしている業者は以下のような業者になります。

DMM

GMOクリック証券

XM

forex.com

AVA TRADE

SAXO BANK

IG証券

松井証券

これらのFX会社であれば、安心して中長期でスワップポイント狙いでトルコリラを取引することができますし、それぞれ口座開設特典も充実しています。

まとめ

トルコリラは高い政策金利と、歴史的な低い価格水準であるということから人気の通貨です。

中長期目線でスワップポイントを狙って投資をするのがよいでしょう。

トルコリラ投資のポイントは以下の3点です。

  • 低いスプレッドで取引する
  • 中長期の投資を行う
  • 余裕資金で投資をする

中長期投資ですので、FX会社の選択方法は財務的に安定していることが重要です。

ご紹介したようなFX会社は口座開設特典も充実しているため、トルコリラへの投資をはじめるなら最適なFX会社です。