DMM FXの口座解約方法

FX口座を開く 完全レビュー
Trader Rating :
10 min read 分で読めます/更新日: 23.04.2020

業界大手DMM証券のDMM FXは、現在日本で最多口座数を誇る業界ナンバー1のFX取引証券会社です。FX取引証券として、2009年にサービスを設立後、2014年3月から毎年業界連続口座数一位を達成していて、現在73万口座数を突破しています(2019年9月末時点)。DMMは他にも、DMM CFD、DMM BANUSY、DMM株と計4つのサービスを提供しています。

どの取引証券会社を利用してFX取引をしても、利用者の中には口座解約を考えられる方がいると思います。DMM FX口座解約を考える方も同じで、この記事では、次の順序に従ってそういったトレーダーの皆様に口座解約の方法と、その他の関連情報をご紹介させていただきます。

  • DMM FXの口座解約する理由とは?
  • DMM FXのカスタマーサポートにお問合せをする方法
  • DMM FXのFX取引規定
  • DMM FXの口座解約方法

DMM FXの口座を解約する理由とは?

FX証券会社を選ぶ際には、それぞれのトレーダーに合った業者選びが重要です。自分が求める取引ツールや取引戦略に合ったFX証券会社を考える上で、DMM FXの口座解約を薦められることもあります。様々な意見がある中から、主に次の下記の4点がDMM FXの口座解約する理由になっています。

  • 他のFX会社と比較すると、スワップポイントが低いことがわかります。中長期のスワップ狙いの取引をしたい方にはお勧めしません。
  • また、取り扱っている取引通貨は20通貨ペアまで。それ以外の通貨を取引したい場合や、高いスワップポイントで有名な通貨のトルコリラやメキシコペソなどの取引をしたい場合にはお勧めしません。
  • 最低取引単価が10,000通貨(1ロット)であること。他の国内FX証券会社の中にはマイクロロットの1,000通貨単位から取引できる国内FX証券会社があるため、この水準はやや高めとなります。最低取引通貨が高い=取引金額が高い、同時に必要証拠金も高くなってしまいます。開始金額が高くなることや、FX初心者で少額の取引から始めたい方には、取引が難しくなってしまいます。
  • スキャルピング(超短期売買)をしたい方は、DMM FXでは禁止されているので使用する事ができません。間違って短期間の間に何度も売買をしてしまうと、口座が凍結されてしまう恐れがあります。一度凍結されてしまった口座は、もう二度と解除できなくなってしまうため、DMM FXで取引が行えなくなってしまいます。

自分に合ったFX証券会社を選ぶ事はとても大事な事です。しかし、全てのトレーダーに完璧なFX証券会社は存在しないので、それぞれのFX証券会社のメリット・デメリットを考えた上で、慎重に自分に合ったFX証券会社を選択することをお勧めします。

では次にDMM FXにお問い合わせをする方法をご説明させて頂きたいと思います。

DMM FXのカスタマーサポートにお問い合わせをする方法

DMM FXでは簡単にお問合せが可能です。メールフォーム、お電話、LINE、AIチャットの4つの方法をご利用いただけます。

  • お問い合わせをするには、まずDMM FXのトップページの上部にある「お客様サポート」をクリックします。

DMMFX_how to close

  • 次の画面では、お問合せの画面と様々な連絡方法が出てきます。
  • それぞれのお問合せ方法の指示に従って、ご連絡が可能です。

how to close DMMFX

  • フリーダイヤル(0120-961-522)の24時間サポートのお問い合わせは、月曜日の7時から土曜日の6時50分(夏時間5時50分)まで受け付けしているので、大手FX証券会社ながらの、信頼出来る便利なカスタマーサポートを利用することができます。
  • 特に便利なのが、スマートフォンの「LINE」のアプリを利用したお問い合わせです。これはFX業界初のサービス。メッセージを送るとすぐにオペレーターに繋がり、すぐに質問に答えてくれるので、とても利便性の高いサービスです。
  • その他には、お問合せフォームを使って連絡することや、人工知能AIチャットで365日24時間お問い合わせすることが可能になっています。

DMM FXFX取引規定はどこでみつかるのか?

取引規定に関しては、次のステップに従って必要な物をダウンロードしてください。

  • DMM FXのウェッブサイトのホームの一番下の部分にある、「会社概要」、「 勧誘方針」の次にある、「約款・規定」をクリックしてください。

DMMFX_how to close_account

  • 次に必要な全ての約款・規定情報をPDFでダウンロードして確認することができます。

DMMFX_how to close

DMM FXの口座解約方法

DMM FXの口座解約の際には、ウェブサイトのお問い合わせフォームでのみ口座解約の手続きが可能です。その他の電話やメールでの口座解約は受け付けしていません。

ウェブサイト上でDMM FXの口座解約をしたい方は、次のステップに従って進めてみてください。

  • DMM FXのホームページの上部の「お客様サポート」にカーソルを合わせると現れる、「お問い合わせ」をクリックください。又は、https://securities.dmm.com/form/inquiry/?type=fxにアクセスすると、下記の様な画面がが出てくると思います。
  • 次に、「口座解約について」を選択して「確定」ボタンをクリックします。

  • ご依頼内容の「口座解約依頼」を選択し、名前、メールアドレス、電話番号、生年月日、ご住所、お客様番号、お問い合わせ内容を記入後、「送信」ボタンをクリックします。

DMMFX_how to close_image 6_JP

  • 口座解約手続き時間は数日程で、完了次第DMM FXから口座解約完了のメールが届きます。その時点で全てのDMM FXの口座解約が完了いたします。
  • 尚、口座解約の際は、口座残高は「0」でないと解約手続きは進められません。予め口座残高の出金を行ってから、口座解約手続きを進めてください。

もしDMM FXが口座凍結されたらどうするか?

DMM FXを使用していて口座凍結されてしまうケースもあります。一度凍結されてしまった口座凍結は、凍結解除ができません。また、一度凍結されると、二度とDMM FXでの取引はできず、新しい口座を作り直すこともできなくなってしまいます。

約款第7条の禁止事項の中の「短期間での注文を繰り返し行う行為」という行為が殆どの口座凍結の理由です。基本的には短期間の売買、つまりスキャルピングをすると口座が凍結されてしまいます。

DMM FX口座が凍結されてしまった場合、取引は出来なくなりますが、口座から資金を出金することだけは可能です。また、未決算のポジションに関しては、決算注文ができます。そのままポジションを保持することも可能で、確定申告の際に必要な期間損益報告書を入手することで利用することも出来ます。

DMM FXの口座解約するべきか?

5年連増ナンバー1の大手国内FX証券会社ということもあり、信頼できるカスタマーサポート、使いやすい取引ツール、業界最狭水準のスプレッド、低レバレッジ、高い約定力などを備えています。信頼できて使いやすいFX証券会社として、DMM FXはとても魅力的な部分が多いです。

特にスマートフォンを使用して取引したい方にも、操作がしやすくて使いやすいと好評です。機能面でもPC同様のストリーミング注文、指値・逆指値注文、ワンタッチ注文など様々な注文方法を利用できます。テクニカル指標も使用可能である上、レートアラートや経済指標アラートのポップアップ設定などが簡単にできます。

 その他の特徴は、DMM FXはポイントサービスを提供していること。1ロットの取引事に1ポイント付与られ、1,000ポイント以上で現金化することもできます。

ただ、他のFX大手業者と同様、スキャルピング(超短期売買)が禁止されているため、スキャルピングを使った戦略で取引をしたい方には、DMM FXはお勧め出来ません。

ある程度のまとまった資金があって、気軽にスマートフォンで取引したい方や、利便性の高いカスタマーサポートを利用したい方にはDMM FXがお勧めです。

上記の事を考えた上で、実際にDMM FXの口座を解約すべきかどうかを考えてみると良いかもしれません。

DMM FX以外のFX取引証券会社

DMM FXの口座解約方法のご説明をしましたが、新しく他のFX証券会社で口座開設したい場合、どういった点を見て、次のFX証券会社を決めるべきなのか簡単にまとめてみました。

まず、次の国内FX証券会社を探す際には、トレーダーが求める取引ツール、最低単価、スプレッド、対応通貨ペア、初回入金額、約定力、取引戦略、カスタマーサービスなどを考えて選択しなければなりません。

特に取引ツールは重要なので、まずは多くのFX会社が提供しているデモ口座を作成して、デモ取引から始めてみると良いでしょう。十分に試した上で、他社と比較して自分に合ったFX証券会社を探すことをお勧めします。

その他、初心者の方の中には初めはリスクを最小に抑えて取引したいという方も多いと思います。そのような方は、最低取引単価の低いマイクロロットの1,000通貨単位で売買できるFX証券会社を探すと良いでしょう。マイクロロットに対応しているFX会社では、ゲインキャピタルジャパン(FOREX.com) やGMOクリック証券(GMO Click)などをお試しになると良いかもしれません。

また、人気FX売買取引ツール「MT4」を使用したいという方には、MT4対応業者のゲインキャピタルジャパン(FOREX.com)がお勧めです。