IG証券のスワップポイント-ノックアウトや付与時間、引き出しの仕組み等徹底解説!

トレード開始
更新日: 2020年07月08日

FXの利益には売買差益以外に、長期保有によるスワップポイントがあります。

売買差益と同様、スワップポイントについても、FX会社毎に特徴があるため、その違いを事前に把握しておくことが大切です。

本記事では、IG証券のスワップポイントについて、ノックアウトオプションや付与時間、引き出しの仕組み等お伝えしていきます。

FX取引で為替差益と併せて重要なスワップポイント

FX取引というと、海外の通貨を安い時に買って高いときに売却することで、その差額をとする為替差益狙いの投資と思いがちですが、それと同じ位、スワップポイントも重要なポイントとなります。

スワップポイントとは、金利差調整分と呼ばれるもので、2国間の金利差から得られる利益のことを指します。

例えば、金利0.1%の日本円で金利1.5%の豪ドルを購入すると、その差額の1.4%分をスワップポイントとして得ることができます。

スワップポイントは、1回1回の金額はそう大きなものではありませんが、毎日受け取ることができるため、長期間保有することで大きな利益を狙うこともできます。

IG証券のスワップポイントに関する特徴

IG証券はイギリス、ロンドンに本店を置くIGグループの日本拠点となるFX会社です。

グローバルに展開している企業らしく、幅広い通貨ペアを扱えたり、利用できるツールが高性能だったりといった特徴があります。

ここでは、IG証券におけるスワップポイントに関する特徴として以下の3つをご紹介します。

  • 複数の通貨ペアで高水準スワップポイントを提供
  • ノースリッページ注文で想定外の損失を回避
  • スワップポイントだけを引き出すこともできる

複数の通貨ペアで高水準スワップポイントを提供

IG証券はグローバルに展開する企業ということもあり、約100種類の通貨ペア数を取り扱えるという特徴があります。

スワップポイントにおいても、それぞれの通貨ペアが他社と比べて圧倒的に高いというわけではないものの、米ドル円の他、トルコリラ円やメキシコペソ円、南アフリカランド円など、幅広い通貨ペアにおいて高水準のスワップポイントを提供しています。

このように複数の通貨ペアを取り扱うことで、例えばある通貨ペアはマイナスになってしまったものの、他の通貨ペアでカバーするといった分散投資を容易に行いやすくなります。

この点は、他社には真似できない部分だといえます。

スリッページなしの注文が可能

スワップポイント狙いの投資であっても、どこかのタイミングでポジションを解消するはずです。

特に、長期で保有する目的のポジションを解消するのは相場が急激に変動するタイミングということも少なくないのではないでしょうか。

通常、相場が急激に変動する際には、注文時の価格と約定時の価格差であるスリッページが大きくなりがちです。

IG証券の取引では、このスリッページなしの注文、つまり相場の急変時であっても注文時の価格で取引できる制度が用意されています。

スリッページなしの注文には一定の保証料が必要ですが、相場の急変時でも安心して取引できる優れた制度だといえるでしょう。

スワップポイントだけを引き出すこともできる

FX口座において発生したスワップポイントの取扱いは業者によって異なりますが、IG証券の場合、日々口座に自動的に反映されるタイプとなっています。

このため、保有している通貨についてポジションを決済することなく、スワップポイントだけ引き出すことも可能です。

また、毎日口座に自動的に反映されるタイプのため、入金されたスワップポイントはその都度課税の対象となります。

スワップポイントを手動で振り替えるタイプのFX会社の場合、振り替えるまで引き出せないものの、税金の課税タイミングは実際に口座に入金されたタイミングとなります。

スワップポイントの入金が自動か手動かで、引き出しや課税のタイミングが上記のように異なるという点を知っておくとよいでしょう。

IG証券のノックアウトオプションとスワップポイント

IG証券ではノックアウトオプションを用いて取引できますが、このノックアウトオプションにおいてもスワップポイントを受け取れるようになっています。

ノックアウトオプションとは

ノックアウトオプションとはオプション取引の1つで、この制度を活用するとリスクを抑えた取引が可能になります。

ノックアウトオプションではあらかじめノックアウトレベルを指定しておくことで、相場の変動により損失が拡大し、ノックアウトレベルに到達した場合にはそのレベルで決済されます。

利益が出る方向に相場が動いた場合には、いくら動いても自動的に決済されるようなことはありません。

なお、ノックアウトオプションでは先述のスリッページが発生しないことも特徴。

ノックアウトオプションで取引するにはオプション料が必要になりますが、現在価格より遠い価格でノックアウトレベルを設定するほどオプション料は高く、逆に現在価格に近い価格にノックアウトレベルを設定するほどオプション料は安くなります。

IG証券のノックアウトオプションについては、以下のページでより詳しく解説しています。

ノックアウトオプションでもスワップポイントが発生する

ノックアウトオプションを利用することで相場の急変時にも大きな損をする心配がなく、安心して取引することができます。

また、ノックアウトオプションでポジションを保有する場合でも、通常の取引と同じようにスワップポイントを受け取ることができます。

もちろん、ノックアウトオプションと通常の取引で付与されるスワップポイントの率は全く同じです。

IG証券のスワップポイントの付与時間

FXは平日の場合24時間いつでも取引できるため、どのタイミングで保有していればスワップポイントが付与されるのかを事前に確認しておくことが大切です。

IG証券においては、火曜日~土曜日の日本時間午前7:00(ただし、夏時間は6:00)までポジションを保有していればスワップポイントが発生します。

また、受領日は取引日の2営業日後となっており、土日や祝日を挟んだ場合には、その翌日に土日や祝日分も含んだ日数分のスワップポイントが付与されることになります。

土日や祝日が明けたときに相場が急変して大きな損をしてしまうこともあるため、持ち越しを警戒することは大切なことですが、このように複数日分のスワップポイントが付与されると嬉しい気持ちになる方も少なくないのではないでしょうか。

IG証券で発生したスワップポイントを確認する方法

上記付与時間までポジションを保有するとスワップポイントを受け取ることができますが、IG証券の画面で発生したスワップポイントを確認するにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは、スワップポイントを確認する際の流れを解説していきます。

FX取引画面で履歴を確認する

まずはFX取引画面を開いて画面左側にある「履歴」ボタンをクリックしましょう。

さらに、履歴画面で表示される「すべての履歴を見る」をクリックすることでスワップポイントを確認できるようになります。

一度に表示できない量の取引をしている場合や、過去のスワップポイントも確認したい場合には「さらに詳しい履歴はこちらをクリック」をクリックしましょう。

取引種別をスワップポイントにする

履歴の検索では取引種別を選べるようになっていますが、ここで取引種別をスワップポイントにすることで、実際に付与されたスワップポイントを確認できます。

なお、ノックアウトオプションで付与されたスワップポイントについてもこの画面で確認できます。

操作自体はそう難しいものではありません。

毎日付与されるものなので、長期間保有する場合でも一定期間毎に確認しておくとよいでしょう。

まとめ

IG証券のスワップポイントや付与時間、付与されるタイミング等ご紹介しました。

IG証券はスリッページなしの注文ができることが特徴で、これはスワップページ目的に投資するうえでも重要なポイントとなります。

その他、国内業者と比較して圧倒的に多い通貨ペア数で取引可能で、複数の通貨ペアでスワップポイントが得られるという点もIG証券の大きなメリットだといえます。

IG証券で既に口座を開設している方や、スワップポイント目的でどのFX会社で口座を開設するか悩んでいる方等、本記事の内容を参考になさってください