松井証券出金ガイド

CFD口座を開く 完全レビュー
Trader Rating :
10 min read 分で読めます/更新日: 23.04.2020

松井証券で株式取引やFX取引をして収益が出たら、その資金を銀行口座に出金します。松井証券での出金手順は簡単です。ここでは、

  • ネットストック口座からの出金方法
  • 出金手数料
  • 出金してから口座に入金されるまでの時間
  • 出金のキャンセル方法
  • 出金時のトラブルへの対処法
  • 出金に必要な要件(出金最低額など)

について見ていきます。

松井証券の口座からの出金手順

松井証券のネットストック口座から出金するには、まずトップページから会員画面へログインが必要です。

  1. 松井証券のトップページから、右上の白い「ログイン」ボタンをクリックします。
  2. 「ネットストックログイン画面へ」をクリックします。松井証券の口座からの出金手順
  3. ログイン画面に移ったら、会員ID、会員パスワードを入力し、「ネットストックにログイン」をクリックします。松井証券の口座からの出金手順
  4. 会員画面の「口座管理」から「出金依頼」を選択します。画面にある出金日の選択肢から一つ選び、同意のチェックをし出金額を入力します。出金日により、出金手数料の有無(出金手数料の金額)が異なるのでご注意ください。こちらより、公式サイトを参照してください。

松井証券での出金から口座へ入金するまでの時間

松井証券での出金から口座へ入金するまでの時間

松井証券が出金依頼を受け付けてから銀行口座に入金されるまでの時間は、出金の種類によりリアルタイム〜2営業日後となります。銀行口座に入金が反映するタイミングは、即時(リアルタイム)、翌営業日、または翌々営業日です。即時入金を選んだ場合も、銀行手続きの処理によっては時間がかかることもあります。

松井証券の出金方法については、会員画面より登録した銀行口座への出金のみとなります。銀行口座を登録する場合は、

  1. 会員画面の「口座管理」から「登録情報」を選択し、取引暗証番号を入力して認証します。
  2. 「出金先登録・変更」をクリックします。
  3. 金融機関を検索して指定し、同様に支店を指定します。
  4. 口座種類、口座番号、口座名義人を入力します。
  5. 確認して登録します。

セキュリティが心配な人は、会員画面上で出金先口座の変更ができないようロックをかけることもできますが、その場合は変更の都度書類による手続きが必要なためご注意ください。

松井証券の出金手数料

松井証券の出金手数料の有無は、銀行口座へ入金の反映するタイミングにより異なります。出金を急がない場合は、翌営業日以降の出金を選べば手数料無料です。 即時出金では税抜き300円の手数料がかかります。

以下の通り、翌営業日以降の出金の場合、出金依頼の受付時間により反映するタイミングが翌営業日になる場合と翌々営業日になる場合があります。

06:00~15:30に受け付けた出金依頼は翌営業日、それ以降は翌々営業日となります。

つまり、即時出金でなければ、松井証券の取引口座から銀行口座へ手数料無料で出金することができます。

松井証券での出金をキャンセルする方法

出金依頼をしたあとに出金をキャンセルしたい場合、または金額を変更したい場合は、特定の場合をのぞいて、以下の手順でキャンセルすることができます。金額を変更するには一旦キャンセルし、出金依頼をし直す必要があります。

  1. 会員画面の「口座管理」で「出金依頼確認」を選択します。
  2. キャンセルしたい出金依頼の「取消」欄の矢印をクリックします。
  3. 暗証番号を入力して取消したら完了です。
  4. 出金依頼確認のページで、その出金依頼の状況欄が取消済となっているのを確認します。

以下の場合は出金をキャンセルできません。

  • 出金日の前営業日の15:30を過ぎている場合
  • 出金の種類が即時出金だった場合
  • データ一括処理中の場合
  • 出金依頼確認のページで、出金依頼の状況欄が受付済の場合

松井証券での出金でトラブルがあった場合の対処法

「松井証券で取引をして収益が出た。さて、いざ出金しよう!と思ったらできなかった…」

幸い松井証券でこういう話は聞きませんが、特に初めて投資を始める場合や松井証券を初めて利用する場合には、こうしたトラブルがあったときの対処法も知っておきたいものです。

この点で松井証券は、100年以上も日本で経営し続けてきた大手企業です。当然出金がきちんとできないようでは不便な上、信用にも関わるため、顧客が離れていき存続できなかったでしょう。この歴史があるということは、出金トラブルなどあらゆるトラブルを防ぐ上で安心要素です。

仮に、松井証券で出金ができなかった、金額が出金依頼額よりも少なかった、出金予定日より遅れているなど、トラブルが発生したとします。こうしたケースは、決まった条件の場合にあらかじめ起こることがあると公式サイトに明記されています。以下のようなケースがあります。

  • 受付終了間際に出金依頼が殺到した場合、当日に間に合わないことがある
  • 信用取引、先物・オプション取引を行っている場合の口座状況や融資状況により、出金額が減額になったり、取り消しになったりすることがある
  • 出金先口座の口座名義、口座番号など口座情報に誤りがあると、出金できない
  • 松井証券で登録の名義と出金先口座の名義が異なると、出金できない

上記のような理由で、万が一出金額が減額になったり取消になったりした場合は、会員画面にて出金日の前営業日の17:00以降に松井証券がお知らせします。

こうしたトラブルがないよう、出金する前にまず口座情報に誤りがないかどうか、また登録名義と違う口座名義になっていないかを確認しておきましょう。特に、登録している出金口座の「銀行名」「本支店名」「口座種別」「口座番号」「口座名義」のどれかが、出金する口座と少しでも違っていれば、手続きできないことがあります。金融機関の支店の統廃合で支店名が変更になった場合も、出金ができません。

もし一部に誤りがあったり、変更が必要だったりする場合は、こちらの方法に則り会員画面より変更手続きを行います。

出金にかかる時間は最大で2営業日となっていますが、処理時間は営業日のみであると推定されるので、休日を考慮に入れて、余裕を持って出金手続きをすることをおすすめします。

万が一、出金先口座の情報が全て間違いなく、口座名義が松井証券の名義と一致しており、信用取引や先物・オプション取引の減額・取消のケースに当てはまらないと考えられる場合は、松井証券顧客サポートへ連絡してみてください。担当者に出金状況を聞くことができます。

松井証券の出金に必要な要件

出金に必要な要件がいくつかあります。

まず、時間が限定されています。制限時間外には出金ができません。それぞれの出金方法の制限時間は、

  • 即時出金の場合…営業日の9:00〜14:50
  • 翌営業日の出金の場合…6:00〜15:30
  • 翌々営業日の出金の場合…17:00〜翌2:00、3:00〜5:30

となっています。

松井証券の出金の最低額は、選択した出金方法により異なります。それぞれの出金方法の場合の出金の最低額は、

  • 即時出金の場合…1万円以上
  • 翌々営業日以降の出金の場合…1,000円以上

となっています。

ただし、松井証券の口座の残高が1万円未満の場合は即時出金ができないこと、残高が1,000円以下の場合は全額出金のみ可能であることにご注意ください。

松井証券では出金の上限額も設定されています。これも選択した出金方法により異なります。それぞれの出金方法での出金限度額は、

  • 即時出金の場合…1日あたり200万円まで
  • 翌営業日の出金の場合…2,000万円まで
  • 翌々営業日の出金の場合…5,000万円まで

となっています。

5,000万円を超える出金を希望する場合は、松井証券顧客サポートへの連絡が必要となります。

また、アカウントも確認する必要があります。会員画面の「口座管理」の「登録情報」画面で、出金に必要な出金先口座が登録されていること、松井証券の口座名義と出金先口座の名義が一致していることを確認します。登録情報の追加や変更がある場合は、トップページより会員画面へログインして変更します。詳しい手順はこちらを参照してください。

本人確認書類などの機密性の高い情報を提供する時は、情報の取り扱いがきちんとされていることが重要です。松井証券のプライバシーポリシーについては、こちらから確認できます。

松井証券の出金プロセスの確認

松井証券では最初に出金先口座を登録してしまえば、出金プロセスは非常にスムーズで簡単です。

松井証券での出金でトラブルにあったという声は、ネット上で特に聞かれません。もし出金ができないなどのトラブルがあれば、まず登録情報に誤りがないか、出金依頼の内容に不備がないかを確認し、誤りがなければ松井証券顧客サポートへ連絡してみましょう。

まとめ

松井証券は、100年という日本の歴史ある老舗証券会社であるだけでなく、現在最適な株式取引のネット証券会社の1つとなっています。

松井証券での出金は、他社では出金に手数料がかかるところがある中、即時出金でなければ手数料が無料であることは大きな魅力です。松井証券での出金は、手数料無料で、最低額1,000縁から可能、オンライン上で口座登録から出金まで完結でき、出金の手順も簡単です。

口座開設は簡単にできても、出金が遅れる、出金できないといったトラブルがあっては意味がありません。何より、きちんと出金ができない証券会社は信用できません。証券会社を選ぶ際には、こうしたトラブルなく希望する取引ができ、出金できるということがとても重要です。出金トラブルを避けるためにも、信頼できる証券会社を選択するようにしてください。

松井証券の場合は、日本法人として日本の法令を遵守する義務があり、出金トラブルが起こりうるケースをウェブサイト上で紹介しており、万が一トラブルがあってもサポートが充実しています。そのため、初めての人もトラブルを心配することなく使用できます。