配当取り戦略ガイド

更新日: 14.02.2020

配当取りは、配当を支払う安定した株式のタイミング指向の取引を伴う金融市場戦略です。実際には、配当取り戦略では投資家が配当落ち日の直前に株式を買う必要があります。これにより、投資家は配当を「獲得」し、配当の支払いが行われるとすぐに株式を売却できます。多くの場合、原株の株式を1日だけ保有します。

配当取り戦略は、もっぱら投資家が株式を長期間保有する際に伴うリスクに直面することなく、株式の配当から利益を得ることができるように設計された二取引システムです。どんな市場投資においても、資産が長く保有されるほど、価値が低下する可能性が大きくなります。これは、短期間保有する市場ポジションからさらなる利益が生まれるという事実です。ほとんどの従来型の株式取引(株価が利益を生み出すまで株を保有する)とは異なり、配当取り戦略の主な目的は、配当の支払いを受け取り、すぐにポジションを外すことです。

投資家にとっての配当のメリット

配当は、多くの投資家が株式ポートフォリオの保有から着実な収入を生み出すことができる信頼できる収入源を提供します。基本的には、配当は定期的な時間間隔(通常は毎月、四半期ごと、または毎年)で株主に現金支払いを提供します。これらの配当支払いは、発行会社が生み出した現在の利益のうちの各株主の割当を表しています。

多くの優良配当株は、比較的低いリスク指標と原資産の限られた価格変動を伴う定期的な支払いを、配当投資家に提供することができます。配当株は通常、保証つきの金融商品(つまり、財務省証券または譲渡性預金)と比較してより高い投資利回りを提供し、株式ポジションをとっている限り配当が支払われます。このため、多くの配当投資家が長期年金ポートフォリオの不可欠な部分として配当株を組み入れます。ただし、多くのデイトレーダーは、配当を受け取れる期間配当株を保有することにしか関心がありません。この短期的な配当戦略は、一般的に「配当取り」と呼ばれるものです。

配当取りのリスク要因

短期トレーダーは、キャピタルロスのリスクに晒されないようにしながら、収入を生み出す簡単で単純な方法として配当取り戦略を使用します。これは主に、短期間しか各配当株のポジションをとらないという事実によるものです。ただし、取引所が配当落ち日に株価を調整することが多いことに注意する必要があります(今後の配当支払いとほぼ同額)。これらは、株式が以前の評価額あたりでトレードしなおせると仮定して、後で回復できる損失です。しかし、株式の配当落ち日の下落トレンドの可能性は、トレーダーに初期のリスクをもたらす可能性のある最初の要因です。

さらに、キャピタルゲイン税と取引コストは、配当取りアプローチを使用する場合の利益の可能性を妨げる可能性があります。これが、多くの企業がこの種の投資戦略に取り組む主な理由です。基本的に、企業は他の企業から受け取った配当収入に対する租税債務は限られていることがよくあります。ただし、これらのメリットは個人のトレーダーには広がらず、キャピタルゲインに関連する税金の引き上げは、長期的なリターンを達成しようとする人にとってはひどく高くなる可能性があります。

つまるところ、配当取りは「配当のトレーディング」の考え方に非常に似ています。ファイナンシャルプランナーのなかには、このアプローチで長期的な収益性を達成するために必要な取引手数料、時間管理、金融調査のため、この戦略を使わせないようにする人もいます。ただし、多くの配当重視のトレーダーは、着実な分析方法を利用すると、主要な株式ベンチマークを上回ることができるということに注意する必要があります。

配当取り戦略のタイムライン

配当取り戦略から利益を得るための最良の方法を理解するには、まず配当支払いが通常どのように処理されるかを理解する必要があります。最も重要なのは、配当発表日、配当落ち日、基準日、約定日という4つの重要な日付を含む配当タイムラインです。人気株のこれらのカギとなる配当の日付がいつになるかを示す、自由にアクセスできるカレンダーを提供する金融ウェブサイトがいくつかあります。

配当取り戦略チュートリアル

  • 配当発表日:会社は、この日に配当を支払う意思を宣言します(これは実際の配当支払いのかなり前に行われます)。大企業は、四半期ごとの収益報告と併せて、または個別のプレスリリースを通じて配当を発表する傾向があります。
  • 配当落ち日(配当金権利落ち日):株式の配当支払いを受け取る資格の締切日です。配当落ち日以降に株式を購入した人は、今度の配当支払いを受け取る権利がありません(配当を受け取るには、次の支払い期間を待つ必要があります)。配当落ち日には、株価は通常、宣言された配当価値とほぼ等しい金額だけ価値が下がります。配当取り戦略を利用するトレーダーは、配当落ち日前に株式を買う必要があります。
  • 基準日:この日、会社は株主の所有権を記録します(配当の支払いを受ける資格を確認します)。配当落ち日に続く最初の営業日が基準日になります。配当取りトレーダーは、この日には何もすることはありません。
  • 約定日:この日に、約定日の配当が株主に分配されます(通常、配当落ち日から2週間から1か月後)。

タイムラインの仕組みの基本的な例として、株式の配当落ち日を8月26日水曜日(基準日の2取引日前)であると仮定します。株式を所有していなければいけない日は、8月26日火曜日(配当落ち日の1日前で基準日の3日前)です。

8月26日の取引時間の終了前に株式を所有している投資家は、配当金を受け取る資格があります。つまり、配当を受け取るには、8月26日午後3時59分までに株式を買う必要があります。トレーダーは、厳密に言えば8月27日の午前9時31分には株式を売り、約定日に配当を受け取ることができます。これは、配当の支払いを受け取るときにトレーダーがまだ株式を保有しているかどうかに関係なく、配当が自動的に支払われるということです。

配当取り戦略のメリット

多くの投資家にとって、配当取り取引の魅力はプロセスの単純さにあります。各企業の詳細なファンダメンタル分析は必須ではなく、通常、エントリーとエグジットの価格水準を特定するために取引条件にはテクニカル分析がほとんど必要ありません。

配当取り戦略の下では、投資家は保証された配当支払いを受け取るために最終約定日までポジションをとっておく必要はありません。トレーダーは、配当落ち日より前に株を購入し、配当落ち日(またはその後)にポジションを売却して、この手法を無事に完結することができます。これらのシンプルなルールが守られている限り、トレーダーは取り組みに対して保証された配当金を受け取ります。株価が配当落ち日以降に下落した場合、トレーダーにはまだ、ポジションをクローズする前に市場評価が以前の水準に戻るまで待つという選択肢があります。

配当取りアプローチのもう1つのメリットは、トレーダーが戦略を実行するときに数千の異なる配当を支払う株を使用できることです。もちろん、銘柄の中には他の銘柄よりも高い配当を提供している物があったり、中にはより大きな価格変動と全体的なリスクと関連がある可能性があります。ただし、配当取り戦略の経験があるトレーダーは、株式選択を行う際に非常に幅広い選択肢を利用できます。

毎年毎取引日に、配当落ち日が予定されている株を見つけることができます。もちろん、毎日保証された配当支払いを獲得することができるというのは、相当な利益につながる可能性があるものです。だから、多くの配当取り戦略をとる投資家はこのアプローチを使用する際に、適切な配当株を選択するのに喜んで時間を費やします。

配当取り株式の選択

通常、株式の配当は四半期ごとまたは毎年支払われます。場合によっては、投資家は月に1回配当金を受け取ります。幸いなことに、投資家はこれらの保証された支払いを獲得するためにずっと待つ必要はありません。ただし、リスクを防止し、長期にわたる潜在的な利益を最大化する能力という観点で、適切な株式の選択は重要です。

配当取り戦略を実施する際、成功するための最も重要な秘密の1つは、短期取引ポートフォリオの一部として使用するために選択する株式を分散投資することです。市場には多くの配当株があり、業界をまたぐ分散投資を実践することで、市場の特定の領域で発生する可能性のあるマクロ経済的ショックから投資家を保護しやすくなります。

個々の銘柄選択と最近のマクロ経済動向の主な方向が、配当取り戦略の収益性パフォーマンスに多大な影響を与える可能性があります。しかし、この手法の一環として株を選択する場合、トレーダーはその株が取り入れるのに適している理由となる会社固有の要素にも注目する必要があります。

  • 安定した大型株と中程度の配当利回り(3〜4%)に注目する
  • 収益成長率が高く、企業収益報告書を発表する際にアナリストの期待を上回ったことのある企業を選択する
  • 市場のボラティリティや予期せぬマクロ経済の成り行きの影響を回避するために、業界をまたいで株式選択を分散する
  • テクニカルチャート分析を使用して、健全なトレンドのモメンタムがある株式を特定する
  • 有利であれば以前の株式ポジションをロールオーバーし、利益を新しい配当取り取引に再投資する
  • 配当落ち日後に株価が下落した場合は我慢する

もちろん、より広範な市場のマクロトレンドは、短期的な配当取り戦略が利益を上げるかどうかに多大な影響を与える可能性があります。仮説の例ですが、多くのエネルギー会社は、株主への報酬として高配当を支払うことで知られています。しかし、セクター全体の人気株の株価にプラスまたはマイナスの影響を与える可能性のあるマクロ経済的影響にはさまざまな種類があります。

その結果、エネルギー部門ばかりに投資した配当取りポートフォリオは、エネルギー商品の回復局面で非常によいパフォーマンスを出す可能性があります。ただし、エネルギー市場の評価が厳しい状況で取引されている場合、これらの同じ部門の株式の選択は大幅にパフォーマンスが劣る可能性があります。これらの理由により、株式を選択する際には適切な分析が重要です。市場の専門家は、収益成長の安定した歴史を持つ中規模および大規模の配当株を多様に選択することが、配当取り戦略を実施するトレーダーに最良の結果をもたらすとよく主張します。トレーダーは、収入を生み出すさらなる機会を見つける方法として、主要なヨーロッパおよびアメリカの取引所で提供される上場投資信託(ETF)および外国企業の高利回り株の購入も検討する場合があります。

配当取り戦略を使用して利益を上げる方法

ご覧のように、配当取り戦略をとる投資家に現在利用できるさまざまな配当株は、非常に多岐にわたります。ほぼ毎日、投資家は配当落ち日が到来する株式公開会社を少なくとも1つは見つけることができます。その結果、トレーダーは常に、市場の特定のセクションで利用できるようになった高配当の支払いの恩恵を受ける新しい機会を得ることになります。

この戦略のマイナス面の1つは、初期投資に多額の資本支出が必要になることです。ただし、多くの配当貴族に関連する高い株利回りは、投資家が保証された(そしてよく複利になる)高利回り支払いを利用するのに役立ちます。これらの複利のリターンは、次の配当取り取引に再投資でき、相対的なポジションの大きさを成長させ続けることができます。

配当トレーダーは、ポジションを長期間保持する必要がないため、配当取り戦略をとる投資家は多くの場合、持ち株を新しい株式持高にロールオーバーします。これにより、熟練したトレーダーはプロセスのすべての段階で配当を獲得できます。さらに、このアプローチにより、他のほとんどの株式投資戦略と比較した場合、トレーダーがリスクにさらされるのを減らしやすくなります。過去のバックテスティングの結果は、配当取り戦略が中規模の配当利回り約3〜4%を提供する大企業に焦点を当てた場合、最適なトレーディングリターンを達成できることを示しています。最終的に、この株式選択の条件により、この戦略下で魅力的な配当支払いを維持しながら、リスクに晒されるのを減らしやすくなります。

代替戦略手法を使用した収益の向上

配当取りの最も一般的なアプローチのバリエーションとして、上級トレーダーは、株価が配当落ち日に下落したときに利益を上げるオプションを売ることで、より大きな利益を生み出す方法も見つけます。これらのシナリオで使用できるオプションには異なる種類があり、トレーダーはオプションチュートリアルを確認して、これらの戦略がどのように機能するかを学習する必要があります。

これらの事例で使用される最も一般的なオプション戦略の1つは、カバードコールです。これは、配当落ち後の株価で通常見られる初期の下落から利益を得ることができるアプローチです。興味深いことに、これは複数のソース(特に、配当支払いとオプションの売り)から投資収益を生み出すことができる、金融市場で利用できる数少ない投資戦略の1つです。株価活動は、配当落ち日以降の取引時間中にマイナス(または横ばい)になる傾向があるため、カバードコールオプションにより、配当取り戦略の利益を強力に強化することができます。

さらに、市場調査によると、通常の定期配当支払いを通じて獲得できる配当リターンと比較した場合、特別配当の発表により全体的な収益性を高めることができます。それは、特別配当が、毎月または四半期ごとに支払われる通常の配当とは異なる構造の(そしてはるかに高くなりがちな)一回限りの配当支払いを提供するためです。この高い配当利回りは、株式の配当落ち日以降の期間に市場でよく見られ、仲介手数料と株価の変動のバランスを取るのに役立ちます。

まとめ

  • 配当取り戦略は、アクティブな株式市場取引に配当重視のアプローチを提供します。
  • 配当取り戦略では、トレーダーは配当落ち日(またはそれ以前)に株式を購入し、配当を受け取れるだけの期間ポジションをとっておく必要があります。
  • 従来の配当投資(通常、配当を支払う会社の株式を購入/保有して安定した収入を生み出す)とは対照的に、配当取り戦略は積極的なアプローチであり、頻繁な売買と株式を短期間保有しようとすることが求められます。
  • 利益を得るために、トレーダーは株式を売却する前に株価の上昇が配当よりも大きくなるのを待つ必要があります(配当の資格は基準日に確認済みと仮定)。
  • 選択権付き売買は、複数のポジション戦略を同時に管理したいトレーダーの合計配当収入を高めることができます。
  • 配当取り戦略をとる投資家は、正確な市場タイミングを捉え、適切な水準で配当株式を購入し、株式の配当を獲得し、限られた取引コストで株式を売ります。
  • このアプローチは、この戦略で必要とされる高い取引回転率のため、アクティブなマネーマネージャーやデイトレーダーに人気があります。
  • 宣言された配当金額にほぼ等しい価格分株価が下落すると、最初の取引リスクが発生します。
  • 配当取り戦略をとる投資家は、企業が配当を発表したとき(またはその直後)に低価格で株式を購入し、配当落ち日の前日に株式を売ることもできます(価格の上昇を利用する)。
  • 戦略の欠点には、必要となることが多い高額な資本支出、株式の最初の下落リスク、およびポジションをオープンまたはクローズする際に関わる積極的なトレード管理があります。