配当株式投資ガイド

トレード開始
更新日: 2020年03月24日

配当投資により、投資家はポートフォリオの市場価値に見られる基本的な成長に基づいた収益の流れを作り出すことができます。時間の経過とともに、配当を支払う株式は、個々の株式投資の純利益に追加される副次的な利益を提供することにより、投資家のロイヤルティと我慢強さに報酬を与えます。

投資家が定期的に配当を引き上げることができる堅実で安定した企業に注目することができれば、複利の魔法は、比較的小さな投資を長期にわたって相当な備蓄に変えることができます:

配当株式投資チュートリアル

残念ながら、多くの初心者の投資家には、実際に配当が何であるか、配当が何でないかについての基本的な理解が欠けています。配当は株式または投資信託投資に関連するように、配当は基本的に企業収益の一部として発生する株主への支払いです。配当金の支払いは通常、四半期ごとに行われます。ただし、現金分配にはさまざまな種類があり、これらの支払いの中には月単位、さらには年単位で行われるものもあります。

配当株購入の基本

株式市場では、株主は配当金を受け取る資格を得るために特定の要件を満たさなければなりません。投資家は、株式の「配当落ち日」に登録株主としての資格を得る必要があります。「配当落ち日」とは、企業が公に発表した、配当支払いのかなり前に予定されている期間です。市場参加者が「配当落ち」で取引している株式について話すとき、それは株式が現在配当の資格なしで取引されていることを意味します。その結果、その株式を買う予定の投資家は、配当を受け取るために次の支払い期間まで待つ必要があります。

配当利回りを理解する

いつ株式を買うべきかについては説明したので、今度は所有権から得られるメリット(利益)に注目します。配当支払いの価値を理解するには、まずその配当利回りを理解する必要があります。配当利回りの計算によって、株式の年間配当を株価と比較する比率を出します(パーセンテージで表示)。

配当利回り=年間配当÷株価

この式で表される逆の関係を考えると、株価が高くなるにつれて配当利回りが低下することを理解する必要があります。これは、最初は直感に反するように思えるかもしれません。しかし、本質的に配当株が強い下降トレンドにあると、利回りの優位性が高まるため、配当投資家にとって配当株がより魅力的になることを意味します。多くの初心者の投資家は、株価の上昇が配当利回りの増加につながると誤解しています。しかし、そうではありません。配当株の毎日の価格の動きを示す以下のチャートをご覧ください。

配当株式投資チュートリアル

次に、まったく同じ株で反対のトレンドシナリオについて考えます(2年後)。

配当株式投資チュートリアル

配当利回りの例

通常、配当の支払いは1株ごとに行われます。たとえば、投資家が100株の株式を所有している場合、配当分配は100株に基づいて行われます。この例では、株式を1株当たり10(総投資は1,000になる)で購入し、1株当たり1で現金配当支払い(毎年)することを想定しています。この期間中、投資家が株式のロングポジションをとっている限り、その結果得られる配当利回り10%により、このポジションに対し100の追加収益が生まれます。

ただし、その同じ株式ポジションを1株あたり20で購入した場合、配当利回りは半減します(5%)。同じ数の株式(100)を購入している限り、その年に受け取った総配当(100)に変動はありません。しかし、株価が高いために投資家がその半数の株式しか購入できない場合、配当利回りの低下はより大きな影響を与えます(年間収益は50に減少します)。

配当株は投資の優れた選択肢か?

配当の分配方法の基本を説明したので、実際の投資決定と配当ポートフォリオの構築に使用されるパフォーマンスの特徴をいくつか見ていきましょう。配当株が良い投資であるかどうかを決定する際に、初心者の投資家は、これらの手段が時間の経過とともに富を生み出す傾向を理解する必要があります。市場で最高の配当株が生み出す長期的なリターンは、主要な株式市場のベンチマークを200%以上も上回っています。

ただし、すべての配当株式が平等にできているわけではありません(また、投資のなかには他の投資よりも確実に優れているものもあります。前述のように、配当の支払いは企業のバランスシート上に生じた利益から出ています。その結果、配当金支払いの増加は、一般的に財務の健全性を示しています。配当成長企業と配当開始企業は、長期にわたって最良のパフォーマンスを発揮する傾向があり、すべての配当支払株、配当に変動のない配当支払企業、非配当支払企業、および配当支払を減らした(または完全にやめた)企業の合計平均が後に続きます。

投資家にとって、定評のある配当支払企業ばかりで株式ポートフォリオを構築すると、市場で最高の企業の一部に触れることができます。基礎となる株価の変動によって生じる潜在的なリターンを考慮しなくても、配当投資がほとんどの先進国での債券投資のリターンだけでなく、インフレも上回ることがわかります。

配当株式投資チュートリアル

配当投資リスク

2008年から2009年の世界的な金融危機では、ほとんどの主要銀行が株式配当の廃止(または少なくとも大幅な削減)を余儀なくされました。一般的に、これらは、安定した四半期配当成長企業であるという長年の評判(場合によっては数百年間も)がある金融機関でした。しかし、経済危機時にはマクロ経済の力が強すぎたため、その過程で配当投資家は損失を被りました。

ここでの教訓は、配当の支払いが完全に保証されることは決してないということです。グローバル経済での変動や個々の企業に特有のリスクは、配当投資戦略の見通しを損ない、収益性を制限することがあります。また、過度に高い配当利回りを提供する企業に注意することも重要です。株式の株価が下落すると、配当利回りが上昇することを思い出してください。このように、配当支払いが非常に高いのは、会社が弱い業績を示している(そして配当を削減する危機にさえ瀕しているかもしれない)という警告サインである可能性があります。

配当性向

株式の配当が持続可能かどうかの最良の指標は、配当性向です。これは、会社の純利益に対する株主への配当の支払いを測定します(パーセンテージで表されます)。

配当性向=配当金支払額÷純利益

企業は通常、株主に分配されない利益剰余金を使用して、債務の返済、現金準備金の追加、または事業の中核事業への投資を行います。このように、配当性向により投資家は、会社が成長を阻害することなく、株主に無理なく還元することができる金額の感覚がわかります。初心者の投資家は、成長する配当金の支払いだけに基づいて株式を買うことがよくあります。ただし、これらのポジションには、会社の配当支払いが一般に受け入れられている60%の安全しきい値を超えるリスクがあります。

ほとんどの場合、8%を超える利回りの株式には徹底した相当な注意が必要です(配当カットのリスクが高いため)。配当利回りの上昇の背後にある理由を詳しく調べると、投資家がどの企業が本当に危険な状況にあり、どの企業が市場に見逃されているだけなのかを判断しやすくなります。主要な株式ベンチマークの株式については、平均配当利回り(実際に配当を支払う会社内で)は2〜5%の間で変動する傾向があります。もちろん、これは比較的広いレンジであり、ある時点で見られる最終的な平均は、マクロ経済状況と企業固有のパフォーマンスに大きく依存します。

配当金の再投資からの収益の例

最後に、2つの古典的な配当支払企業の株式固有の例をいくつか見て、配当再投資の継続戦略がどのようにトータルリターンを向上させるかを見ていきます。次のチャートでは、20年間の投資期間の結果を見ることができます。

配当株式投資チュートリアル

243.72株の購入(1株当たり41.03)から始まり、保有期間を通じて配当の支払いが株式の購入に使用されたため、合計ポジションの大きさは485.39株に増加しました。この戦略により、20年にわたってドローダウンはほとんど発生せず、トータルリターンは437.28%にまでびっくりするほど上昇しました。

さらに見事なリターンを、次の例で見ることができます。以下のチャートでは、10,000のコカコーラへの50年間の長期投資の結果を見ることができます。

配当株式投資チュートリアル

配当が再投資されなければ、保有期間中のロングポジションへのトータルリターンは約500,000になったでしょう。しかし、同じ投資戦略で配当リターンを再投資すると、トータルリターンはその4倍以上に膨れ上がります(投資期間全体で2,000,000強)。

まとめ

  • 配当金の支払いは企業利益の裁量分配を行い、株主のロイヤルティに追加の報酬またはインセンティブを提供します。
  • ほとんどの場合、配当は毎月、四半期ごと、または毎年の現金支払いとして分配されます。
  • 質の高い配当株式のポートフォリオを集めて長期的にポジションを確立すると、非常に魅力的で安定したリターンを長期にわたって生み出すことができます。
  • ただし、強力な基盤をつくり、潜在的な損失を回避するためには、配当投資に対する慎重なアプローチが必要です。
  • 企業(または投資信託会社)が株主に無理なく配当を分配できる場合、それは財務の健全性の良いしるしであることが多いです。
  • ただし、非常に高い利回りが提供される場合、配当性向(つまり60%以上)により持続可能性が欠けていることが明らかになる可能性があるため、投資家は相当な注意を払う必要があります。