スキャルピングトレードチュートリアル

トレード開始
更新日: 2020年04月09日

スキャルピングは、金融市場で使用される最短の取引スタイルです。スキャルパーはデイトレーダーの取引時間よりも短い時間を利用して、小さな利益を毎日何度も獲得することを目指しています。もちろん、このためには、トレーダーが常に取引画面を注意深くチェックし、多数のポジション(長期的なトレーディングスタイルと比較した場合)のオープンとクローズを繰り返す必要があります。基本的に、戦略は長期的な市場予測(この予測は非常に困難な場合が多い)の正確性を必要としないので、スキャルパーは小さな市場の動きからの方が利益を得やすいという仮定の下で取引します。

スキャルパーは通常、潜在的な取引設定を特定する方法としてテクニカル分析戦略を採用しています。熟練したスキャルパーが使用する最も一般的なテクニカルインジケーターツールには次のものがあります:

  • 支持線と抵抗線
  • ストキャスティクス
  • ボリンジャーバンド
  • 移動平均
  • パラボリックSAR
  • トレンド分析

スキャルパーは主に市場価格に着目します。そのため、トレーダーがアクティブなポジションを確立している際には、テクニカル指標は非常に重要です。ただし、チャートの時間枠は取引の開始・終了時を決定する際にも重要な役割を果たします。大抵、スキャルパーは1分または5分の価格チャートに注目します。スキャルパーが15分を超えるチャートの時間枠をチェックすることは非常にまれです。

他のほとんどの取引スタイルの場合と同様に、スキャルピングトレードシステムをうまく設計するために使用できる様々な方法があります。ほとんどのスキャルピング手法は、価格のモメンタムの極端な動きを特定し、同じ方向(順張りアプローチ)または反対方向(逆張りアプローチ)でポジションを取ることを目的としています。

最終的に、スキャルパーの目標は毎日最低3〜5件の取引をオープンし、すぐに収益性に移行し(取引コストを取り戻した後)、各ポジションを閉じることです。場合によっては1分未満で達成できることなので、チャートの時間枠の違いを理解することは、スキャルピング戦略の重要な部分です。

スキャルピングトレードテクニック

トレーダーは市場の小さな動きしか捉えることができないので、スキャルピングトレードには通常よりも大きなポジションサイズが伴う傾向があります。許容できるリターンを達成するには、スキャルパーは毎日複数のポジションをオープンし、収益性を高めるためにかなりのポジションサイズに依存する必要があります。もちろん、大きなポジションサイズを維持することはリスクの水準を高めることにもなるため、ストップロスはすべてのポジションで極めて重要なものになります。スキャルパーがポジションで急ブレーキをかけられない場合、短期的な傾向反転すると、かなりの損失が蓄積する可能性があります。

熟練したトレーダーは、どの戦略が最も頻繁に使用されるか(つまり、トレンドフォロー、ニュースの成り行き、または逆張り投資)について自分の好みを持つ傾向があります。ただし、短期的な市場動向は常に、どのアプローチが収益性の最良の機会をもたらす可能性が高いかを決定します。いくつかの例を見て、ライブ価格チャートを使用して各アプローチが見えるようにする方法を見てみましょう。

リアルタイム取引の例:スキャルピング戦略

スキャルパーは市場取引時間ごとに複数の取引機会を見分ける必要があるので、短期間にさまざまな交互の取引シグナルを送るテクニカルツールを使用するとうまく行くことが多くなります。このタイプのシナリオで使用する最適なツールの1つが、パラボリックSARです。

スキャルピングトレードチュートリアル

全体として、指標が市場価格より下に見える場合には、パラボリックSARが「買い」シグナルを出します。逆に、指標が市場価格を上回った時には、「売り」シグナルが現れます。パラボリックSARで一番興味深いのは、各ポジションをクローズする独自のシグナルも出すことです。基本的に、指標が「停止」や「反転」になるまでロングポジションを維持できます。指標の停止や反転が起こると、指標は基本的に新しいシグナルを送り、反対の取引スタンスを採用する必要があります。

スキャルピングトレードチュートリアル

次の例では、スキャルパーが新しい取引機会を見つける方法としてテクニカル指標を使用する方法を見ることができます。上記の5分間のチャートは、価格の下落から始まり、過去のストキャスティクスの測定値で売られ過ぎの状態を作り出します。スキャルパーは、この短期的な価格変動をロングポジションを開始する新しい機会として見つけることができたでしょう。このトレードのストップロスは、ストキャスティクス指標で売られ過ぎの測定値を出した安値より下に設定します。

ポジションがオープンになると(そして、保護的なストップロスラインが設定された場合)、スキャルパーは利益を上げて取引をクローズする機会を探し始めることが極めて重要になります。もちろん、これは取引業者に請求される取引コスト以上の取引利益を獲得することを意味します。テクニカルの観点から見ると、ストキャスティクス測定値が買われすぎの領域に戻った時に、取引を終了する最初のシグナルが現れます。この成り行きにより、取引の背後にある元の推論が除かれ、市場価格が下がる可能性があることを示唆しています。こうなった場合、熟練スキャルパーはロングトレードをクローズし、そのポジションで小さな利益を重ねます。

スキャルピングトレードチュートリアル

この例では、5分間のチャートは、価格が買われ過ぎの領域に達したことを示しています。これは、スキャルパーがショートポジションを開始するのに使用する可能性のある弱気のシグナルです。このトレードのストップロスラインは、ストキャスティクス指標で買われ過ぎの測定値ができた高値の上に設定します。価格が下がると、スキャルパーは取引をクローズするための十分な証拠を探します。ストキャスティクスの測定値が売られ過ぎの領域に移動し、資産価格が上昇し始めようとする可能性が高まっているため、取引を迅速にクローズする必要があります。

次に、別のテクニカル指標(ボリンジャーバンド)のスタンスに基づいた仮想の取引を見ていきます。この例では、5分間のチャートはボリンジャーバンドの上値(売りシグナル)を突き抜けています。すべての価格の動きの約95%が2標準偏差のボリンジャーバンドに含まれているので、これが新しい売りシグナルを示すことが分かります。その結果、ボリンジャーバンド外の値動きは、反転が差し迫っていることを示唆しています。

スキャルピングトレードチュートリアル

上記の例では、熟練スキャルパーはショートポジションをオープンする理由として、このシグナルを使用します(元のシグナルの原因となった価格水準より高い水準でのストップロスと併せて)。このポジションスタンスの背後にある理論的根拠が無効になるまでショートポジションを取り、これは価格がボリンジャーバンドの下値を抜ける時に起こります。これが発生すると、スキャルパーは取引を終えて、そのポジションで利益を獲得することができます。

スキャルピングトレードチュートリアル

このチャートの例では、スキャルパーが指数平滑移動平均線(EMA)を使用して位置を確立する方法を見ることができます。価格が50本EMAを下回ると、売りシグナルが発生してショートポジションを確立できます。逆に、市場価格がEMAの境界線を超えてロングポジションが確立されると、買いシグナルが現れます。このように、EMAは動向の方向性を決定する優れた方法で、どの取引所でも特定の取引パラメータを調整することが可能です。

EMA設定が短いほど(つまり、50未満の期間設定)、各取引時間中により多くの売買シグナルを送ります。EMA設定が長くなると(つまり、50を超える期間設定)、取引シグナルが少なくなり、より滑らかな移動平均線ができます。その結果、個々の設定選択は、スキャルパーが毎日確認したい取引シグナル数に大きく依存します。 EMAの設定を長くすると、より強いシグナルが生成される傾向があり(フォロースルーの傾向がより高い確率になる)、短くすると、スキャルパーが新しいポジションをオープンする機会が増えます。

ニューストレーディング

上上記の一連の取引例から、スキャルピングは主にテクニカルアナリストが使用する戦略であることがわかります。ただし、トレーダーにスキャルピングアプローチを使用する機会を作り出すことのあるファンダメンタルの成り行きもあります。具体的には、市場ニュースの成り行きは価格に劇的な短期的な影響を与える可能性があり、この予期せぬ変動は、取引が適切に構成されている場合に利益につながる可能性があります。このような成り行きは、重要な地政学的な記事、経済データの発表、または企業の収益報告書(株式取引時)としてさまざまな形を取ることがあります。市場で最も一般的に注目されている経済報告書の一部には次のようなものがあります。

  • マクロ経済報告書:GDP、小売売上高、消費者信頼感指数
  • 労働市場データ報告書(雇用統計):非農業部門就業者数、失業率(月次)、新規失業保険申請件数(週次)
  • 製造報告書:購買担当者指数(PMI)、ISM製造業景況感指数
  • 物価上昇報告書:個人消費支出(PCE)、消費者物価指数(CPI)
  • 収益報告書:上場企業が発表した収益報告書

短期的なファンダメンタル分析は通常、市場の期待における日中の変化によって決定されます。良いニュースが資産価値に影響を及ぼす可能性がある場合、スキャルパーはロングポジションを取ります。逆に、悪いニュースは資産価値の低下を引き起こす可能性があり、このためにスキャルパーがショートポジションを取る可能性があります。大抵、ニュースの成り行きは取引日全体の市況を決めるので、多くの熟練スキャルパーは、金融ニュースフィードを常にチェックして、市場価格を動かす可能性のあるすべての最新情報を常に追いかけます。

スキャルピング価格のブレイクアウト

ニュースの成り行きは、以前の抵抗線を超える、または以前の支持線を下回る重大なブレイクアウトを引き起こすことがよくあります。このような成り行きによって、スキャルピングトレードアプローチを使用してポジション取りを行う際に、テクニカル分析とファンダメンタル分析を組み合わせやすくなります。

スキャルピングトレードチュートリアル

従来のテクニカル分析手法では、取引範囲が狭まった後、著しく価格割れすることが多いことが分かります。上のチャートのこの種の成り行きの例では、重要な市場の成り行きの前の対の値が横方向の取引範囲に含まれていた時に発生しました。重要な経済報告が発表される前には資産価値が狭い範囲で取引されることがよくあるため、ファンダメンタルの観点からこれは驚くべきことではありません。

この例では、評価額は重要な経済報告の影響を受けました。価格は最初のブレイクと同じ方向に動き続けることが予想されるので、スキャルパーはこの情報を使用して潜在的な動向の方向性を決定します。言い換えれば、価格が抵抗線を上に抜ける場合には、強気の傾向が続くことが予想されます。逆に、支持線を下に抜けた場合には、弱気の傾向が続くと予想されます。

スキャルピング戦略:保護的ストップロス

このような各戦略を使用して、スキャルピングトレーダーは、損失を制限する方法として保護的ストップロスを設定しつつ、ロングまたはショートポジションを取ることで、市場の新しい機会を利用することができたでしょう。ほとんどの場合、取引の背後にある元の考えが無効になった時にはいつでもストップロス注文を開始する必要があります。これはスキャルピング戦略を使用する人にとって非常に重要です。ポジションが適切に管理されていない場合には、ポジションサイズが大きくなる傾向があり、予期せぬ市場の反転が急速に大きな損失につながる可能性があるためです。

スキャルピングトレードチュートリアル

例えば、ブレイクアウト戦略を扱う場合には、熟練スキャルパーは、ストップロス条件を確立するための最良の方法として、以前の支持線と抵抗線を使うことがよくあります。上記のチャートでは、長期的な下落傾向での失速によって、抵抗線が形成されたことが分かります。

この抵抗線が破れると、スキャルピングトレーダーは次に起こりそうな動向の方向性(強気)を特定でき、ストップロスラインは回復前の安値より下に設定できます。熟練スキャルパーがストップロスパラメータとしてこの価格帯を選択する理由は、評価が将来この水準を下回った場合に、価格上昇が無効になるためです。このことが発生すると、損失でポジションをクローズし、市場で他のスキャルピングの機会を探すのが賢明でしょう。

取引戦略:スキャルピング

指標の測定値に依存するスキャルピング戦略(つまり、パラボリックSARまたはストキャスティクス)には、「自己完結型」ストップロスと呼ばれるものがあります。これは、相反する指標シグナルが、ポジション(利益が出るものであれ、損失を示すものであれ)をクローズする強い必要性を暗示しているという事実によるものです。たとえば、売られ過ぎのストキャスティクス条件に基づいたロングスキャルピングトレードは、指標が買われ過ぎの領域に達したらクローズする必要があります。同様に、弱気なパラボリックSARシグナルに基づいたショートスキャルピングトレードは、指標がチャート価格を下回ったらクローズする必要があります。

スキャルピングトレードチュートリアル

どちらの場合も、チャート指標はオープンポジションと競合するシグナルを送ります。これは、元の取引スタンスを作った基礎理論を無効にし、これはもはや市場が収益を出して終わりそうな優勢ではないことを意味します。これが発生したら、ポジションを閉じて市場で新しい機会を見つけましょう。

スキャルピング:取引市場のボラティリティ

以下の取引の例では、市場のボラティリティを伴うスキャルピングトレードに注目します。重要な経済ニュースの成り行きの後、金の価格はすぐに下がり始めました。

スキャルピングトレードチュートリアル

熟練スキャルパーは、マイナスのモメンタムを見て、5分の価格チャートを使用して1,510ドルでショートポジションを取ったでしょう。相対力指数(RSI)の指標で測定値が売られすぎの領域に達すると、スキャルピングトレーダーは利益を出してポジションをクローズします。

スキャルピングトレードチュートリアル

スキャルピングトレーダーは常に次の大きなチャンスを探しています。また、トレンドライン支持線を通じて価格が再び低下すると、別のショートトレードが現れます。これにより、スキャルピングトレーダーは1,509.80ドルで新しいショートポジションをオープンすることができます。

スキャルピングトレードチュートリアル

金の価格が5分足チャートの下降傾向ラインを上に抜けると、2番目のショートトレードをクローズするシグナルが現れます。これにより、トレードバイアスが強気に(ポジティブに)なり、ロングポジションで新たな関心が生まれます。この例では、スキャルピングトレーダーは3番目のトレードをオープンすると同時に2番目のトレードをクローズする場合があります。

スキャルピングトレードチュートリアル

相対力指数の測定値が買われ過ぎの領域に近づき始めると、3番目の取引(ロングポジション)をクローズするシグナルが現れます。スキャルピングトレーダーは、利益を収集するために3番目のトレードをクローズする選択をする場合があります。

スキャルピングトレーダーの心理

トレーダーはわずか数分で1日分の利益を集めることができるため、表面的にはスキャルピング戦略は単純に見えます。ただし、実際には、スキャルピング戦略を実行してうまくいくと、あまり失敗できないという現実から、予期せぬ問題が生まれる可能性があります。これらの理由から、スキャルピングは特定の性格を持つ人にのみ適していることを理解する必要があります。

成功するスキャルパーは、高い水準の規律を示し、常に取引システムの条件に進んで従う必要があります。市場は当初の予想を狂わせるような驚きをもたらすことがよくあるので、これ「言うは易し、行うは難し」です。スキャルパーは、ためらうことなく(または混乱を招くような方法で決定に疑問を持つことなく)重要な決定を下すことを要求されます。同時に、スキャルパーは正常に機能している取引とそうでない取引の違いを認識するのに十分な適応性を備えています。結局、うまくいくスキャルパーとは、市場の強みを生かして非常に有利なタイミングで取引を終えることができる人です。

まとめ

  • スキャルパーは、市場の小さな価格変動から利益を生み出すことを目指しています。
  • 戦略が長期的な市場予測の精度を必要としていないので(予測が非常に難しいことが多いため)、スキャルパーは、小さめの市場の動きからの方が利益を得やすいという仮定の下で動きます。
  • 市場ニュースの成り行き(地政学的成り行き、経済報告、企業収益報告書)は、価格に対して著しい短期的な影響を与える可能性があり、このような成り行きはスキャルピングアプローチを使用するトレーダーに投資機会をもたらす可能性があります。
  • ほとんどのスキャルピング手法は、価格のモメンタムの極端な変動を識別します。次に、トレーダーは、同じ方向(順張りアプローチ)または反対方向(逆張りアプローチ)のポジションを取ります。
  • スキャルピングアプローチは、特定の性格の人にのみ適しています。うまくいくトレーダーは、常に高い水準の規律を示さなければなりません。
  • スキャルピング戦略では、トレーダーは常に取引画面を注意深くチェックし、多数のポジション(長期的なトレーディングスタイルと比較した場合)をオープン、クローズする必要があります。
  • ほとんどの場合、スキャルパーは1分または5分の価格チャートに着目します。スキャルパーが15分を超えるチャート時間枠をチェックすることは非常にまれです。
  • スキャルパーは通常、毎日最低3〜5件の取引をオープンし、すぐに収益を出し(取引コストを克服した後)、各ポジションをクローズします。
  • スキャルパーは通常、潜在的な取引設定を特定する方法としてテクニカル分析戦略を採用しています。スキャルパーの一般的なテクニカル分析ツールには、ボリンジャーバンド、支持線および抵抗線、ストキャスティクス、移動平均、ピボットポイント、トレンド分析などがあります。
  • スキャルピング戦略に関連することが多いリスクの増大を考えると、トレーダーは常に自分のポジションで保護的ストップロスを展開しなければなりません。